レアル・マドリーのハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスチェルシーに移籍することになりそうだ。

 スペイン紙『アス』では、ハメスがマドリーからの移籍を決断したと伝えている。

 昨季のマドリーはルカ・モドリッチやトニ・クロースといった選手が中盤のレギュラーとしてプレーしていた。また、先日行われたU21欧州選手権で大会最優秀選手に輝いたベティスMFダニ・セバージョスのマドリー移籍が高まっているなかでハメスは来季以降自身の出場時間が確保されないと判断したようだ。

 先日、同紙ではパリ・サンジェルマンやアーセナルといった欧州のビッグクラブも25歳のハメス獲得に乗り出している中で、チェルシーのアントニオ・コンテ監督がマドリーの10番を新たな攻撃の主軸として迎え入れる準備があると伝えていた。

 ハメスは昨季公式戦33試合に出場し11得点13アシストを記録するも、出場時間は全体のわずか33パーセントにとどまっていた。

text by 編集部