中国の調査機関・胡潤研究院が4日発表した「胡潤世界裸一貫若手富豪ランキング2017」は、世界の40歳以下の裸一貫から10億ドル級の富豪となった人々を網羅した。資料写真。

写真拡大

中国の調査機関・胡潤研究院が4日発表した「胡潤世界裸一貫若手富豪ランキング2017」は、世界の40歳以下の裸一貫から10億ドル級の富豪となった人々を網羅した。同ランキングの発表は今年で2年目。世界でこの条件に当てはまるのは47人で、昨年より8人増えた。その出身国は計8カ国で、うち米国からは20人の個人もしくは家族がランクインし最多となった。2位は中国で18人。米中両国が世界の8割を占めている。南方日報が伝えた。

業界別に見ると、科学技術が33人と圧倒的に有利な業界になっている。投資業界からは3人。他にも製造業、エネルギー、金融サービス業の業界が多かった。(提供/人民網日本語版・編集YF)