BiS、BiSH、GANG PARADEのメンバーが出演 『劇場版 アイドルキャノンボール2017』公開決定

写真拡大

 カンパニー松尾が監督を務めた『劇場版 アイドルキャノンボール2017』の劇場公開が決定した。7月6日にスペースシャワーTVで放送された『The Documentary of WACK オーディション〜オーケストラ物語〜』の最後に、特報が挿入される形で発表された。また、あわせて公式サイトが同時公開された。

参考:

 カンパニー松尾による企画AV『テレクラキャノンボール』の設定をそのまま生かし、アイドルグループBiSの解散ライブに、6人のAV監督が潜入し、メンバー1人に1人の監督が完全密着し制作されたドキュメンタリー『劇場版BiSキャノンボール2014』。その後、再始動したBiSオーディションの記録『BiS誕生の詩』(カンパニー松尾監督)、そのライバルグループが1日で活動を休止した真相に迫った『SiS消滅の詩』(エリザベス宮地監督)を経て、新たにアイドルとAV監督の闘いを映し出した、『キャノンボール』シリーズ最新作が姿を表す。

 本作では、2017年3月下旬、株式会社WACKに所属するBiS、BiSH、GANG PARADEの新メンバー募集を目的に、5泊6日にわたって行われた、WACK合同オーディション最終審査の裏で、密かに撮影された様子を記録。アイドルグループのメンバーはもちろん、オーディション参加者、街角やSNSでゲットした素人女性を対象に、AV監督とMV監督陣がどこまで迫れるかを競い合う。

 公開は、2018年2月予定。

【カンパニー監督 コメント】また性懲りもなくアイドルを撮りました。だってまたマネージャーが「本人の許可さえあればハメ撮りOK」とか言うから。こっちも「もしかしたらキスくらいは出来るかも!」と思うじゃないですか。しかし、そんな淡いスケベ心は前回のBiSキャノンボールで玉砕されているので、今回は僕らキャノンボールチームもそれなりの楽しみを用意して挑みました。5泊6日、千葉のスポーツ合宿所にアイドルと寝食を共にしながら、走ったり、食べたり、戦ったりしました。結果は意外な方向に転がり、最後、大きな大きな愛が見えました。ホントです。もしかしたらテレキャノ2013より面白いかもしれません。ご期待ください。

(リアルサウンド編集部)