長谷部と鎌田もすでに着用!フランクフルトが2017-18新ユニフォームを発表

写真拡大 (全8枚)

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトが、2017-18シーズン用のホーム、アウェイ各ユニフォームを相次いで発表した。ホームは完全に白を基調とした、かなり意外なデザインだ。

Eintracht Frankfurt 2017-18 Nike Home

6月23日に発表されたホームユニフォーム。新しい胸スポンサーロゴは、インディード社が運営する“indeed.com”(求人情報サイト)に。同社との契約は2019年までの2シーズンだが、1年間の延長オプション付きとなっている。

新シーズンのホームは白をベースに黒のピンストライプと、昨シーズンよりも白を強調したデザイン。ホームでここまで白いユニフォームは、1970年代や80年代以来となる。

左袖には新シーズンからサイドスポンサーが付いている。“Deutsche Börse Group”はドイツ証券取引所グループだ。

7月4日のプレシーズンマッチでは前半のみ出場。決まったばかりの背番号「40」を付けてトップ下でプレーし、2アシストを記録した。

この試合ではパンツとソックスが黒だが、クラブ公式サイトでは白のパンツとソックスも紹介されている。

Eintracht Frankfurt 2017-18 Nike Away

6月30日に発表されたアウェイユニフォーム。サードユニフォームに使われることが多い黒をベースに、赤を差し色で配色。エンブレムとスウッシュ(Nikeロゴ)も赤でまとめている。

首周り、袖下部、ボディの両脇部分のラインは赤を配色。歴代のユニフォームと比較しても、かなりシンプルなデザインだ。

首元の内側にはチーム名の略称“SGE”をプリント。今シーズンはチームごとに左袖のスポンサーが異なるので、そこに注目してみても面白い。

新シーズン始動の初日からチーム練習に復帰した長谷部。トレーニングでアウェイユニフォームを着用している。しかしプレシーズンマッチへの出場は、まだ難しいようだ。