結婚前に同棲すると結婚が遠ざかる・結婚前に同棲はしないほうがいい……などとよくいわれますが、同棲を経ずに結婚して、相性が悪くて別れてしまうケースも聞きますよね。果たしてどちらが正解なのでしょうか?
同棲経験者の男女に、結婚前に同棲しておいてよかったこと・悪かったことについて聞いてみました。

結婚前に同棲して良かったこと

・ 「お互い実家だったので、結婚を前提に親に挨拶にも行って2人で物件を探して借りました。家具を揃えるところから全部やったので『この人との生活が始まる』という覚悟が決まってよかったです。その後入籍してそのまま同じ物件に住んでいますが、いきなり結婚するよりも心の準備ができる期間があったのが良かったと思います」(31歳/女性/飲食店勤務)

・ 「頼りなく感じていた彼女が、一緒に暮らしてみると家事も万能でだらしない僕をしっかり管理してくれる人だというのがわかって同棲してよかったなと思っています。付き合ってるだけだと見えない姿が見えるので、結婚前に同棲はしたほうがいいと思いますね」(25歳/男性/銀行員)

・ 「家に帰って人が『おかえり』って言ってくれることや、ご飯を作ってもらえるありがたさを実感でき、結婚へのハードルが下がったので同棲はしてよかったと思います」(26歳/男性/飲料メーカー勤務)

▽ ひとくちに同棲といっても、一人暮らしをしているところにもう片方が入り込む形での同棲と、物件を借りる形からの同棲はかなり違うようですね。
1人暮らしをしているところに加わる形だとスタートするのは簡単ですが、家が狭くてストレスがたまったり結婚への覚悟が定まらないというデメリットもある様子。真剣に結婚を考えての同棲なら、物件を借りて結婚をイメージしながら生活してみるほうが良いといえるでしょう。

結婚前に同棲して悪かったこと

・ 「学生時代から彼の住んでいるワンルームに転がり込んで同棲を始めたのですが、休日など24時間一緒にいると息が詰まるんですよね。このままこの人と結婚してもこれが続くのかと思うと無理だなって思っちゃいました」(25歳/女性/受付)

・ 「一緒に寝ているのが当たり前になりすぎて飽きが来て、セックスレスになった。このまま結婚してずっと好きでいられる自信がなくなり別れてしまった」(27歳/男性/公務員)

・ 「彼のだらしないところ、靴下を脱ぎっぱなしにしたり、いくら言っても飲みかけのペットボトルを置きっぱなしにするところなどが耐えきれず、結婚はできないと思って別れました」(29歳/女性/看護師)

▽ 同棲して悪かったことは「結婚する前に飽きてしまう」「嫌な面が見えてしまう」ことだといえるのかもしれません。でも、これって結婚してもどっちみち無理だったのではないでしょうか。事前に無理なことがわかって正解だったのかもしれないですね。

同棲はすべき?

性別に関わらず、同棲してよかった、悪かったという意見は分かれました。
同棲する・しない……。どちらが確実に正解ということはありませんが、結婚がゴールではないと考えると、事前に結婚のシュミレーションができる同棲はしておいたほうがいいのかもしれませんね。