Samsungがリリースを予定しているとされる次期フラッグシップモデルのGALAXY Note 8について、デュアルカメラと指紋認証センサーの位置を裏付ける、新たなリーク画像が登場しました。

指紋認証センサーの位置改善に期待する向きもあったが

先日ニュースサイトBGRが独自に入手した、Galaxy Note 8とされるCAD画像では、横向きのデュアルカメラの右側に指紋認証センサーが搭載されており、大きな物議を醸しました。
 
というのも、Galaxy S8の指紋認証センサーは「間違えてカメラのレンズを指紋で汚してしまう」という指摘が少なからず存在し、Samsungも何らかの改善を試みてくるだろうという期待が一部にあったからです。また、ライバルのiPhone8がヘッドセットを想定して縦向きにデュアルカメラを搭載すると考えられているのにもかかわらず、Note 8のデュアルカメラが横向きであることも話題となりました。
 
しかし、新たに公開されたリーク画像でもやはり、デュアルカメラの右隣に指紋認証センサーが搭載されており、Galaxy Note 8の背面デザインがGalaxy S8と似たものとなる公算が一層高まっています。
 

 
先述のBGRは「さらに指紋認証センサーへ指が届きにくくなった」と辛辣なコメントを寄せています。指紋認証センサーは当初、ディスプレイ内に埋め込むプランもあったようですが、最終的には技術的課題から諦めたとの見方が一般的です。
 
なお、Galaxy Note 8の発表は、iPhone8よりも早い8月末になると言われています。
 
 
Source:微博,BGR
(kihachi)