任天堂が2017年7月6日の23時から「スプラトゥーン2 Direct」を放送しました。放送では7月21日に発売されるNintendo Switch用ゲームソフトの「スプラトゥーン2(Splatoon2)」に関する新情報も盛りだくさんで、シオカラーズに代わりスプラトゥーン2を盛り上げてくれそうな新キャラ「テンタクルズ」や、新ブキ、リーグ戦、さらには発売直前に開催される前夜祭の存在も発表されています。

ハイカラタイムズ | スプラトゥーン2 | Nintendo Switch | 任天堂

https://www.nintendo.co.jp/switch/aab6a/archives/index.html

放送は23時00分から23時26分までの26分間。一体何が発表されるのでしょうか……?



放送がスタート



最初はイカたちが着用する「ギア」について







スプラトゥーン2では新作のギアが多数登場









スプラトゥーン2で新登場するハイカラスクエアのデカ・タワー



ここにはオシャレなイカが多数









キャラメイクでは従来の肌の色



目の色のほか……



多くの髪型が登場しています。ポニーテールっぽいモノや……



ショート



アシメっぽいものも登場。



ボトムスも変更可能でショートパンツの他にスカートとパンツが選べます。



新しい「ギア」について。



スプラトゥーン2では新しいギアが多数登場











そのギアをゲットするには「エスカベース」へ向かえばOK。



新しい帽子屋さんは「ミウラ」





イカたちのお姉さん的存在



服屋の「ビゼン」





古風なしゃべりかたが特徴的。



靴屋の「シガニー」





イカした言葉遣いが特徴です。



ブキ屋は前作に続き「ブキチ」が務めます。



続いて「ブキ」について。



ブキにはメインウェポン・サブウェポン・スペシャルウェポンの3つがあるので、それぞれを紹介。



「メインウェポン」には新作メインウェポンが複数登場



連射性能が高めなブラスター系ブキ「クラッシュブラスター」







タテ振りとヨコ振りのスピードがかなり違うローラー系ブキ「ヴァリアブルローラー」





ヨコ振りは素早く……



タテ振りは長い代わりに射程が長めのようです。





新しいチャージャー系ブキの「ソイチューバー」





チャージキープの時間が長いのが特徴。







マニューバ系ブキの「スパッタリー」





スライド後の硬直が少なく、素早い動きで敵を翻弄できます。







続いて「サブウェポン」



既に発表されていたものとしては、「ロボットボム」







「ポイズンミスト」など。新しいサブウェポンも開発中とのこと。





「スペシャルウェポン」は全て一新されます。



既に発表されていた「マルチミサイル」



「ジェットパック」



「ハイパープレッサー」



「スーパーチャクチ」



この辺りは前回行われた試射会で一通り使用してみたので、どんな感じなのかは以下の記事を見てみて下さい。

Nintendo Switchで「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」を発売前にプレイできる先行試射会を体験、新ブキ&新アクション&新ステージはこんな感じまとめ - GIGAZINE



試射会には登場していなかったものの、既に発表されていた「アメフラシ」





新スペシャルの「ボムピッチャー」は前作のボムラッシュのようですが、ボタンを長押しすることで遠くに投げられるように進化しています。



「インクアーマー」は一定時間味方にインクの鎧をまとわせて、少しだけ相手の攻撃に耐えられるようになるというもの。前作のバリアに近い印象。



「イカスフィア」はボールの中に入って動き回ることが可能。





終了時にはスフィアが爆発して敵を攻撃できます。





続いてゲームで遊べるルールについて。オーソドックスな「ナワバリバトル」









新ステージのバッテラストリート



フジツボスポーツクラブ



海女美術大学



ガンガゼ野外音楽堂



コンブトラック



前作から引き続き、ホッケふ頭



タチウオパーキングなども登場。



タチウオパーキングには移動用のインクレール(?)が追加されています。



ナワバリバトルでは物足りない人向けの「ガチマッチ」



前回に続いて「ガチヤグラ」「ガチエリア」「ガチホコバトル」の3種類のルールが存在。

















ガチマッチはルールごとにウデマエが設定されるようになり……



優れたプレイをすれば一気にウデマエが上がることもあるそうです。





さらに、チームで挑む「リーグマッチ」も登場。



リーグマッチは2人で挑む「ペア」と、4人で挑む「チーム」があります。







ここから「ギアパワー」について。



「サーマルインク」は1度攻撃を当てた敵が物陰に隠れていてもしばらく確認できるようになるというもの。





「対物攻撃力アップ」はプレイヤー以外の物体に攻撃する際のダメージを増やすというもの。





「復活時間短縮」は相手を倒せないまま連続で倒された場合に復活するまでの時間が短縮されます。







「復活ペナルティアップ」は倒した相手のスペシャル減少量と復活時間を大きくするというもの。ただし、自分が遣られた場合も増える模様。







「受け身術」はスーパージャンプ着地時に着地と同時に前転して攻撃をかわせます。



スパイキーはこのギアを外したり付けたりできるので、自分好みのギアを作り出すのに役立ちます。





4人で協力してプレイする「サーモンラン」について。



町外れにあるここからバイトに参加可能。





時間は不定期なので注意。







新モンスターが多数発表。「ヘビ」





「カタパッド」





「バクダン」







「コウモリ」



「タワー」



「モグラ」



ただし、バトルで使えるアイテムやサーモンランでしかゲットできないアイテムなどもあるそうです。



スマートフォン向けアプリに進化した「イカリング2」





自身のウデマエや……



塗りポイント



自身のギア



ステージ情報などが見られます。



また、塗りポイントチャレンジでは塗りまくるとごほうびが……?





イカリング2からギアを注文することもできます。



アプリはNintendo Switch Onlineというアプリから利用可能です。



SNSなどでフレンドをプライベートマッチに招待したり……







ボイスチャットを行ったりができます。





設定からはジャイロ操作やスティック操作の感度設定が可能。





さらに、スプラトゥーンに引き続きイラストの投稿もできます。イラストはステージ上に表示されます。





amiiboを使えばお気に入りのギアセットを登録しておけます。





ロブのお店では……



フードを食べてバトル後にもらえるおカネや経験値などをアップさせることが可能。



「イカッチャ」ではローカル通信でプライベートマッチやサーモンランが可能。



さらに街中にあるゲーム機で……



イカラジオ2がプレイできます。





続いて、ひとりプレイモードの「ヒーローモード」



バトルの基本を学ぶのにピッタリです。







発売後もアップデートでステージやブキなどが追加されていく予定。なお、ブキやステージのアップデートは1年間行われる予定とのこと。



例えば、カサ型の新ブキ「パラシェルター」



シューターっぽいインクの射程で……



ボタンを長押しすると傘を広げてインクをガードすることが可能。



スプラトゥーン2でも期間限定イベントの「フェス」が存在します。



今回のフェスはチームでの参加も可能。フェスは2年間開催される予定とのこと。





新しくフェスを仕切ってくれる新キャラクターの、「イイダ」と……



「ヒメ」。



2人(?)は「テンタクルズ」というユニットを組んでおり、前作のシオカラーズのような立場でプレイヤーと接することになる模様。



























放送終了かと思いきや、突如ハイカラニュースがスタート。







そして、発売前の7月15日(土)17時から21時にかけて前夜祭が開催されることが発表されました。



お題はロックVSポップ







なお、放送された映像は以下から視聴可能です。

スプラトゥーン2 Direct 2017.7.6 プレゼンテーション映像 - YouTube