青森山田高の選手権初優勝に貢献したGK廣末陸とFW鳴海彰人

写真拡大

 6日に19歳の誕生日を迎えたFC東京GK廣末陸に対し、同じ青森山田高出身で仙台大に所属するFW鳴海彰人がお祝いのメッセージを贈るとともに、かつての戦友にハッパをかけている。

 昨年度の第95回全国高校サッカー選手権で青森県勢として初の優勝を果たした青森山田高。廣末と鳴海は互いにチームの主力として出場し、プレミアリーグチャンピオンシップとの2冠に大きく貢献した。

 6日に自身のツイッター(@akito19980419)を更新した鳴海は、廣末とのツーショット写真を添え、「おめでとう!クズ。あなたからクズをとったらなんもないからそのままでな笑」と、仲の良さをうかがわせる誕生日の祝福メッセージ。続けて「とりあえず波多野に早く勝て」と付け加えた。

 高校卒業後にFC東京に加入した廣末は、現在のところFC東京U-23が在籍するJ3が主戦場となっている。だが、そこでも同期のルーキーGK波多野豪に出場試合数で上回られ、定位置をつかんでいるとは言い難い。鳴海は選手権を沸かせた廣末の現状に対し、元チームメイトとしてもどかしさを感じているのかもしれない。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ