こちらは「ホワイトヘッド」の異名で知られるブラジルの麻薬王、ルイス・カルロス・ダホッシャ容疑者のかつての顔写真。

顔を整形手術で変え、偽名でひっそりと暮らし、30年間も警察の目を逃れながら巨大組織のボスとして麻薬取引を続けてきました。

先月ブラジルのソリッソで逮捕されたときの姿をご覧ください。

 

Drug Cartel Uses Plastic Surgery To Evade Capture


全くの別人!

眼光鋭かったホワイトヘッドから、どこにでもいるような地味な男性になっています。

「ビトル・ルイス・デ・モラエス」の偽名で目立たない暮らしをしていたとのこと。

しかし裏ではボリビア、コロンビア、ペルーでのコカイン生産および、中南米から欧米までの密売を指示していました。

[画像を見る]
写真を並べたものがこちら。真ん中は若い頃の写真だと思われます。

[画像を見る]
生産されたコカインは飛行機でブラジル西部の農場に輸送し、秘密の格納場所を持つ改造トラックで各地に運び出していました。

まるで映画みたいな話ですが、裁判所が下した判決は禁固50年。

100億円を超える資産や権力を手にしても、こうなっては無意味のようです。

逮捕時の映像はこちら。
[動画を見る]
Brazilian drug lord who used plastic surgery to change looks arrested after 30 years on the run - YouTube

【整形して30年逃亡していたブラジルの麻薬王がついに捕まる…ビフォー&アフター写真】を全て見る