ポーランドの首都ワルシャワで記者会見するドナルド・トランプ米大統領(2017年7月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は6日、訪問中のポーランド・ワルシャワ(Warsaw)で記者会見を行い、2016年の米大統領選にロシアが介入した可能性を認め、また、他にも複数の国々が関わっていた可能性もあるとする考えを示した。

 ドイツで行われる主要20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)への出席を前にポーランドを訪れているトランプ大統領は、米大統領選への海外からの介入について質問され、「それについてはすでに簡潔に答えている。ロシアだった可能性は非常に高いと思う。他の国々だった可能性も高い。はっきりと言うつもりはない。ただ、多くの人物が関わっていたと思う」と答えた。

 一方、北朝鮮によるミサイル発射などの挑発行為については厳しく非難し、北朝鮮の好戦的な姿勢には重大な結果がもたらされることを示すよう国際社会に求めるとともに、トランプ大統領自身も「厳しい」対応を検討していると警告した。

 トランプ大統領は「全ての国々にこの世界的な脅威に立ち向かい、北朝鮮のとても、とても悪い態度にはそれなりの結果が伴うということを公的に示すよう求める」と語った。また「われわれが考えている中には非常に厳しいものもある」と述べたものの、「実際に行うということを意味するものではない」と付け加えた。
【翻訳編集】AFPBB News