『バイバイマン』特別映像でバイバイマンの姿が ダグラス・スミスらインタビューも

写真拡大

 7月8日に公開されるホラー映画『バイバイマン』より、 WEB限定特別映像が公開され、著名人コメントが発表された。

『バイバイマン』WEB限定特別映像

 本作は、ロバート・デイモン・シュネックの作品集『大統領の吸血鬼:アメリカ合衆国の奇妙だが本当にあった話』の中の短編『ボディ・アイランドへの橋』を基に、『オキュラス/怨霊鏡』のトレヴァー・メイシーと『スペル』のナンシー・カーホッファーが製作したショッキング・ホラー。その名前を知るだけで呪われると言われる謎の存在“バイバイマン”を偶然知ってしまった若者たちの運命を描く。

 『ヘルボーイ』のダグ・ジョーンズがバイバイマンを演じるほか、キャストには『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』のダグラス・スミス、『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のルシアン・ラヴィスカウント、『マトリックス』のキャリー=アン・モス、『俺たちに明日はない』のフェイ・ダナウェイらが名を連ね、『ギャング・オブ・ホラー』のステイシー・タイトル監督がメガホンを取る。

 この度公開された特別映像では、“バイバイマン”の全身の姿と不気味な声をとらえたカットが新たに追加された新予告編と、本作の主演ダグラス・スミスとキャリー=アン・モスの対談インタビューが収録されている。“バイバイマン”に取り憑かれた主人公エリオットを演じたダグラス・スミスは「ストーリーや演出だけで怖がらせるのではなく、“彼”を観客の意識に侵入させる」と本作特有の怖さを語り、刑事ショーを好演しているキャリー=アン・モスは、「演じるよりも台本を読むことが大変だった。本当に怖かった。内容も発想も恐ろしくて演じるのをためらったほどなの」と明かしている。

(リアルサウンド編集部)