北村匠海、浜辺美波(C)モデルプレス

写真拡大

【君の膵臓をたべたい/モデルプレス=7月6日】6日、都内にて映画「君の膵臓をたべたい」(7月28日公開)の完成披露舞台挨拶が行われ、W主演をつとめる浜辺美波、北村匠海(DISH//)、共演の北川景子、小栗旬、監督の月川翔氏が登壇した。

【さらに写真を見る】キャスト陣の12年前は…“小栗旬スイート期”花沢類時代&北川景子「Seventeen」時代

◆第一印象が…


今回、初共演となった浜辺と北村。お互いの印象を聞かれた浜辺は、北村が演じた<僕>が地味な高校生という設定のため「ファンキーな派手な、なかなか見たことがないお洋服を着ていらっしゃったので、<僕>とは真逆な方なのかなと思って、撮影大丈夫かな?って思っていた」と奇抜な服装に驚いたという第一印象を告白。

撮影が進むにつれ「(役柄と同じ)内向的な方と分かって安心しました」と印象は変わっていったそうだが、まさかの本音に北村は「服装のことは申し訳なかったなと思いました。アロハシャツに雪駄で第一印象悪かったと思うんですけど…」と苦笑いを浮かべていた。

一方、浜辺の印象については「(浜辺が演じた役は)天真爛漫だけど、印象は真逆で映画の中では<僕>に近くて、自分の世界を持ってる」とコメント。これを受けた浜辺からは「役と私が真逆だっていうのは分かりますし、それが初対面でバレてたっていうのがびっくり。これからは初対面の方にも明るく振る舞うように気をつけます」と宣言が飛び出し、会場からは笑いが起こった。

◆映画「キミスイ」


浜辺はヒロインで重い膵臓の病を罹う桜良役、北村は桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの<僕>役。現在パートでは、教師となった<僕>を小栗が、桜良の親友・恭子を北川が演じている。

このほか舞台挨拶では、映画の内容にちなみ、キャスト陣の12年前の写真が公開された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】