【詳細】他の写真はこちら

磁石で冷蔵庫にぶら下げて連絡用に使いたい?

筆記面となる液晶部分に直接ペンで書き込み、その内容をさっと消せる「電子メモパッド」。家電量販店などでもお客さんへの説明用具として、見かける機会が増えていますよね。そんな電子メモパッドでも比較的昔から存在しているのが「Boogie Board(ブギーボード)」。その新モデル『Boogie Board BB-9』がキングジムから登場しましたよ。従来モデルよりも液晶のコントラスト比が50%アップしており、書いた内容がより見やすくなっているのが最大の特徴です。発売は2017年7月28日。価格は8000円(税別)となっています。

大きめな筆記スペース&見やすさアップでより使いやすく



アメリカのKent Displays社が開発しているブギーボードは、同社が開発した「コレスティック液晶」というパネルを筆記面に採用し、付属のスタイラスや指先、爪などで直接書き込めるのが特徴。筆圧によって線の太さが変わるので、繊細な書き込も可能です。『Boogie Board BB-9』では、この「コレスティック液晶」が高コントラスト化されているだけでなく、同シリーズの中でも最大となる10.5インチの筆記面を備えているのもポイント。

特に準備などは不用でそのまま筆記面に書き込め、本体上部の「イレースボタン」を押せば書いた内容をワンタッチで消去できます。また、側面の「イレースロックボタン」を上にスライドさせておけば、うっかり「イレースボタン」を押してしまっても書き込みが消える心配がないのはうれしいところ。もちろんロック中で書き込みは可能です。

本体上部にはヒモなどを通せるストラップホールを備え、付属のスタイラスがセットできるスタイラスホルダーも装備。持ち運びながらでも使いやすいデザインになっています。本体はサイズ幅175☓高さ269☓厚さ5.7mm。重量は約220g。動作には単6アルカリ電池2本が必要です。

文/塚本直樹

関連サイト



『Boogie Board BB-9』ニュースリリース

『Boogie Board BB-9』製品情報