7月9日は山羊座の満月 うまくいかない原因を手放して、2017年下半期の目標達成を誓おう!

写真拡大

 7月9日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう。

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】山羊座
【満月になる時刻】7月9日13:07
【射手座満月のキーワード】「社会性」「キャリアアップ」「責任感」「結果を出す力」「慎重さ」……etc.

 山羊座は、社会性を象徴する星座。率先してリーダーになるタイプではありませんが、社会的な信頼度や地位を築く力に優れています。納得のいく結果を出すために1人でコツコツと努力を続ける持久力も特徴です。

 今回の満月は、そんな山羊座で月と「死と再生の冥王星」が重なっています。真向かいにある太陽は「行動力の火星」と重なり、その4星に「拡大・発展の木星」がエネルギーを注いでくる配置。かなりハードな星回りではありますが、パワフルな変容や拡大、再スタートのエネルギーを授かることができるでしょう。

 目標をしっかり達成させたい人や、長期計画でコツコツ続ける力がほしい人などには、この上ないチャンスです。自分の前進を邪魔しているマインドを、このパワフルな満月で手放していきましょう!

■山羊座満月にオススメの手放しテーマ

 山羊座の満月は、「過剰な生真面目さ」や「リラックスできないかたくなさ」などを手放すことにも適しています。人間が持つ才能を社会的に発揮できるのは、健全なリラックス感や自己肯定感があってこそ。自分が今より楽に生きられるような手放しを決意してみましょう。

★山羊座満月の手放しテーマ★
「結果が気になりすぎて新しく何かを始めることができない」
「つい未来を悲観的に考えてしまう」
「上手に甘えることが苦手」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■山羊座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような山羊座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★山羊座満月の改善ワーク★
「大きな物ごとほど達成に時間がかかることを覚悟する」
「自分の能力への自信(社会的地位への自信)を持つ」
「前向きな責任感で進んでいく」……etc.

 今回の満月は、とにかく仕事に関することを考えて改善をするのがラッキー。特に冥王星や木星など大きな星の後押しがあるので、自分の夢や理想に忠実になるのがベストです。もう一度、自分は何をやりたくて、そのためには何を手放す必要があるのか、考えてみましょう。

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら心の深いところまで月光がしみこんでいくイメージで行うとより効果的です。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてくださいね。

 2017年下半期に突入して1週間がすぎました。このタイミングでおとずれる今回の満月は、目標の再設定や見直しに最適です。多くの惑星パワーの後押しを意識しながら、ステキな下半期を決意してみてくださいね! 
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock