【詳細】他の写真はこちら

子供連れでフェスを楽しむには、基本的な持ち物に+αのアイテムが必要だ。トラブル回避に、移動時に、あるいは思い出を残すために。用途はさまざまだが、共通するのは、これらがあればフェスをもっと満喫できるということ! 子供と一緒に参戦を決めたなら、ぜひご検討を。

No.1

大音響から子供の耳を守る笑顔がキュートなイヤーマフ



ALPINE HEARING PROTECTION

MUFFY SMILE

実勢価格:3480円

ライブの大音響は、子供の耳にダメージを与えるのでは……? そんな心配を解消するイヤーマフ。複層から成る騒音低減フォームにより、大音量から子供の耳を守ってくれる。柔らかな布で覆われたヘッドバンドは、頭にフィットするよう調節が可能。コンパクトに持ち運べる折りたたみ式で、キャリングバッグも付属する。



No.2

子供のための専用席を用意して疲れたらすぐ休憩を!



Helinox

チェアワン ミニ カモ

価格:1万800円

使用頻度が高いチェアは、親と兼用にせず、子供専用のものを用意したい。こちらは携帯性に優れ、座り心地にも定評のあるヘリノックス・チェアの最軽量モデル。重量はスタッフバッグ込みで500g、収納時サイズはW250×H100×D80mmだ。座面高が低く、子供がムリなく座れるのもポイント。



▲ヘリノックスのフラッグシップモデル、チェアワンに比べると、こんなにもコンパクト。にも関わらず耐荷重は90kgで、大人も使用できる。

No.3

ハチなどの毒を素早く吸い出すポイズンリムーバー



アスピラボ

アスピブナン

実勢価格:3024円

毒を持つ生物の被害に遭った際、毒針や毒液を吸引する応急処置器具。独自構造により、吸引時に空気の流速をスピーディーに促す。付属ケースには大小3つのマウスピースも収まり、患部に合わせて使い分け可能。

【「使わないかも?」と思うモノまで持っていこう!】

何しろ舞台は大自然。急に天候が崩れることも日常茶飯事だからレインウエアは必須だし、その他、細々した子供用品も会場で手に入るとは限らない。だからこそ、準備はムダなくらいにしたいもの。当然、大荷物になるが、必要なものがなくて困るよりずっと気楽なはず。

文/石川由紀子

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋