SNS上で「675から始まる、見覚えのない番号からの着信には絶対に折り返さないでほしい」という注意の声が広がっています。

※写真はイメージ

利用者からの報告を受け、ソフトバンクの公式サイトにて掲載された情報がこちらです。

ソフトバンクの携帯電話宛に、「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信が確認されています。

着信履歴で、心当たりのない番号への折り返し電話をされないようお願いします。

パプアニューギニアへの発信は、249円/30秒となり、通話料金が高額となる可能性がありますので、十分にご注意ください。

ソフトバンク株式会社 ーより引用

折り返した際に多額の通話料金を請求されるそうで、ソフトバンクに限らず、NTTドコモやKDDI(au)などでも同様の問い合わせがあったとのこと。

なお、今回の『675』に限らず、似た手口による被害は、国内外問わず起こっているそうです。

知らない番号から着信があった際は、危機管理を持って対処しましょう。特に海外や覚えのない市外局番からの着信には、インターネットで番号検索をするなどの対策も1つの手段です。

[文・構成/grape編集部]