7月4日(月)、映画『パワーレンジャー』ジャパンプレミアが行われ、来日した出演のデイカー・モンゴメリーさん、ナオミ・スコットさんのほか、日本語吹替え版声優の勝地涼さん、広瀬アリスさんらがレッドカーペットを歩きました。


ナオミさんは、イギリス出身のインド系女優で、現在24歳。

小さい顔に整った美パーツ、さらには引きしまったボディをロングドレスで包み込んでいます。

広瀬さんも、同じくこの日はロングドレスで登場しました!

フェアリーな質感と大きなピアスで揺らめきを与えつつも、肩のあたりは露出して健康的なセクシーさも演出。

ナオミさんはショートボブで軽さを、広瀬さんはまとめ髪ですっきりさを出していて、ドレスの着こなしをゴージャスにするのではなく、より「こなれ」を感じさせていますよね。

そんなナオミさんが「ピンクレンジャー」として出演し、広瀬さんが日本語版を務める『パワーレンジャー』は、日本の「スーパー戦隊」を原点に、総製作費 120 億円を費やしハリウッドの技術と経験を注がれ映画化された作品!

声優の仕事に初挑戦した広瀬さんは、「ヒーローに変身するまでの人間ドラマが濃いので、ぜひたくさんの皆さんに観ていただけたらと思います」と、作品をアピール。

レッドカーペットを歩いた感想は「すごく緊張しますが、こんなにたくさんの方が来てくださって幸せです」と大きな瞳を潤ませました。

本作の主人公である「レッドレンジャー」の声を担当した勝地さんも、広瀬さんをエスコートしつつ、レッドカーペットに登場。

先日、LAで行われたワールドプレミアにも参加した勝地さんは「あのとき、(現地は)すごい熱量だったので、今日のジャパンプレミアも皆さんで盛り上げてください!」と集まったファンに語りかけ、自撮りを快く受け入れたり、サインに応じたり楽しんでいました。

『パワーレンジャー』は7月15日(土)より全国にてロードショーです!

【関連記事】

※ 天才(!?)俳優・坂口健太郎が「愛してる」意外なものとは…

※ 長瀬智也、流行のワイドパンツに「土管みたい」と容赦なし

※ 高杉真宙に聞く、理想のデートプラン

※ 泉里香、インスタの写真はこう撮る!

※ ディーン・フジオカ、結婚は「いいもの」と魅力熱弁