神戸牛を堪能するルーカス・ポドルスキ(写真:三木谷浩史会長の公式ツイッターより)

写真拡大

 ヴィッセル神戸に移籍した元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキは、加入会見後に大好物である神戸牛を堪能したようだ。

 会見の最後には「今から神戸牛を食べにいきます!」と冗談を言って会場の笑いを誘ったポドルスキ。過去にはドイツメディアのインタビューで、「寿司は好きじゃないけど神戸牛は世界一のステーキ」とも答えている。

 神戸の三木谷浩史会長はツイッターでポドルスキととも神戸牛を満喫した様子を2度に渡って投稿。「神戸牛を満喫、本当にスーパーナイスガイでした!」「ユニホームは相当気に入っていました!着心地も最高だって!」というメッセージを残している。

 ポドルスキも余程神戸のユニフォームが気に入ったのか、新たなユニフォームを着ながら神戸牛を食べていたようだ。

text by 編集部