新たなシーズンに向けてようやく、一人目の新戦力としてフィリップ・リーンハルト獲得を発表したフライブルクだが、さらにトルコの攻撃的選手ジェンギズ・ウンデル(イスタンブールBBSK)が、同国出身の友人であるチャグラル・ソユンチュ所属もあるフライブルクへの移籍を希望しているようだ。

昨季にトルコ1部32試合に出場して7得点をマークし、リーグ2位に貢献した同選手だが、しかしフライブルク側にとっては高額の移籍金を支払う必要がある。

さらにフランスのメディアが伝えたところによれば、カリム・ハフェズがフライブルクの獲得希望リストにリストアップされており、すでにメディカルチェックを受けるところまで進んでいるという。

昨季に仏2部23試合に出場した21歳の左サイドバックは、そのなかで3アシストをマークした。

その一方でFWハヴァルト・ニールセンはどこへ向かうことになるのか?kickerが得た情報によれば、その有力な候補として2部フォルトゥナ・デュッセルドルフが浮上。

23歳のノルウェー人とフラブルクは2019年までの契約を残して下り、移籍金額は50万ユーロになるとみられる。ただしまだクラブ間では移籍で合意には達していない。