森保監督だからこそ保った広島の結束 取り戻せなかった「堅守」と「自信」

写真拡大

浦和戦に敗れてJ制覇三度の名将が退任 開幕から止まらなかった失点

「優勝争いより今の戦いの方が難しい」

 森保一監督は、そう吐露したことがある。

 泥沼にハマり込んでいくようだった今季の前半戦、指揮官はもがき続けていた。

 第4節の北海道コンサドーレ札幌戦に1-2で敗れて3連敗を喫した後、「まったく余裕はないけど落ち着いて続けてこれている。内心穏やかではないけど、かといってバタバタしているわけでもない」と語る森保監督は、決して強がりではなく、巻き返していく自信を覗かせていた。

 しかし、第8節のベガルタ仙台戦で2点リードを瞬く間にひっくり返され、アディショナルタイムになんとか3-3の同点に持ち込んだ一戦の後は、チーム状況の難しさを痛感していた。

「後ろの選手は変わっていないので、これまで通りにやれると思っていたところもあったけど、新しいチームになったので一つひとつ確認しながら、経験を積みながらやっていかないといけない。それが今年だなって思うようになっている」

 失点が止まらなかったことが、指揮官の苦悩を深めた要因だった。

 森保体制6年目の今季はFW佐藤寿人(名古屋グランパス)、FWピーター・ウタカ(FC東京)らが退団したことで攻撃陣を刷新して臨むこととなり、攻撃が機能するまで苦戦を強いられることは織り込み済みだった。そのためシーズン開幕前には切り替えのスピード、運動量、プレー強度の向上を選手たちに求め、ボールを失ってもすぐに奪い返すことに力を入れて取り組んだ。

優勝した3シーズンは1試合平均1失点以下

 だが、この新たなチャレンジが守備面での齟齬を生んだことは否めない。

 自軍に守備ブロックを形成する従来の守り方に、今季からハイプレスも取り入れて使い分けることを目指してきたが、選手たちの意識はハイプレスに傾き守備の間隙を突かれて失点。そこにセットプレーの失点も重なった。その状況を改善すべく、自陣で守備ブロックを固める従来の守備戦術に立ち返った時には選手たちが結果を出せない重圧からか、ボールホルダーに対して厳しく寄せられず、守備ブロックが機能しなくなっていた。

 期待の新戦力がチームにフィットしなかったことも、確かに低迷の一因になった。FW工藤壮人とMFフェリペ・シウバは広島のサッカーのなかで力を出せず、深刻な得点力不足に陥ったことにも森保監督は頭を悩ませたが、選手に求め続けてきたのはあくまでも「無失点」だった。

 5年間で三度のリーグ制覇を果たした森保監督には、「ウチは守備で勝ってきた」という自負があった。5年間で二人の得点王を生み出し(2012年=佐藤寿人、16年=ピーター・ウタカ)、15年にはリーグ最多74得点を挙げた。そのため得点力を武器にリーグを制してきたように思われがちだが、12年は34失点、13年は29失点、15年は30失点。リーグを制したシーズンの広島は、いずれも1試合平均で1失点以下に抑えている。

 そうした事実があるからこそ、森保監督は今季開幕からの低迷を受けても、守備の本質を見つめ直すことを徹底し、選手たちに泥臭く、我慢強く戦うメンタリティーを求めた。

 ただ、指揮官として思い切って守備を固めるサッカーに舵を切れないジレンマにも苛まれた。広島はボールを保持して、試合をコントロールしながらゲームを進めていくチーム。「そのベースをあまりにも崩すと戻るところがなくなってしまって、糸のなくなった凧のような状態になってしまう」ため、サッカーのスタイルを大きく変えるわけにはいかなかった。

 これまでの広島のサッカーを展開していくためには、自分たちが自信を持ってアクションを起こし、チャレンジしていかなければならない。だが、残留争いを繰り広げるなかでは、選手はどうしてもミスを恐れてしまう。

元広島の高萩も「僕がいた頃はもっと…」

「だから割り切ってやることと、より基本的なことをフォーカスすることをやっていかないといけない。今はいろんなことを言っても、なかなかみんなが同じ絵を描くことができない状況にあるので、シンプルに選手に伝えていかないといけない」

 選手たちのプレッシャーを取り除き、自信を持って試合に臨めるように、指揮官はアプローチを続けてきた。現実を直視して真摯に選手と向き合う指揮官がいたからこそ、チームは内部崩壊を起こすことなく結束を保ったが、選手の自信を取り戻すことは容易ではなかった。

 これまで結果を出してきたがゆえに、選手は下位に低迷する現実を重く受け止め、「勝たないといけない」「失点してはいけない」と力んで試合に臨む。そんなメンタリティーでは、広島が誇る連動性あふれるサッカーを体現することは至難の業で、ピッチの至るところでミスが頻出し、守備陣の負担を大きくしてしまう悪循環が続いた。

 0-1で敗れた第9節のFC東京戦後、かつてのチームメイトだった高萩洋次郎は言った。

「ちょっとミスが多すぎる。あれでは怖くないし、僕がいた頃はもっと楽しんでいた」

 冒頭の森保監督の言葉の真意はこうだ。

 優勝争いは選手が自信を持ってプレーできるが、残留争いは選手が自信を持ってプレーできなくなる。だからより難しい――。

 新しいチャレンジが実を結ばず結果が出ないことで自信を失い、攻守において本来持っている力を出すことができなくなり、前半戦を終えて2勝4分11敗の17位に沈んだ。第17節の浦和レッズ戦は敵地で2点を先行されたものの、後半に怒涛の反撃を見せて3連続得点で逆転に成功したが、タイムアップの笛が鳴った時には再逆転を許して3-4で敗れた。

 自信を持ってゲームをコントロールし、勝利を手繰り寄せてきた広島の姿は見る影もなく、指揮官が責任を取って退くしかないところまで転落してしまった。

【了】

寺田弘幸●文 text by Hiroyuki Terada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images