浜崎あゆみ、“聖地”休館前ラストステージ「代々木!またここで会おうね!」

写真拡大

浜崎あゆみが現在開催している自身最多の全60公演におよぶロングツアー<ayumi hamasaki『Just the beginning -20- TOUR 2017』>。6月に、彼女が自身の“聖地”と呼ぶ国立代々木競技場第一体育館で行った東京公演の模様をレポートする。

  ◆  ◆  ◆

6月17日(土)、18日(日)、国立代々木競技場第一体育館。同会場は7月から改修工事に入るため、彼女にとって休館前最後の“聖地”でのステージとなった。真っ赤な緞帳が上がった瞬間から、圧倒的な存在感で巨大な会場を支配する浜崎。ライヴはバーレスクをモチーフにしたショースタイルで進行する。序盤は「ourselves」「NEVER EVER」などロック調のナンバーを焚き付けながら「代々木行くぞー!」「叫べー!」と盛り上がりを彼女自身が先導する。ダンサーと妖艶に絡みつつ、時に膝をつきながら、時に頭を振りながら激情を表現し、エモーショナルなパフォーマンスで観客の心を揺さぶった。

その後、しっとりとバラードを聴かせるパートやパーティムード全開のパートなど浜崎が見せるエンターテインメントの多彩さを感じさせながら場面が転換していく。そのたびに彼女の衣装も替わり、ミリタリー風ブラックブーツスタイル、ヴェール付きのウエディングドレス、ヒップにボリューミーな白い羽を付けてショーアップされたスタイリング、大胆に露出したレオタードとバリエーションも豊か。中でもウエディングソング「Virgin Road」の際の、メインステージからセンターステージまで続く長く美しいヴェールをまって歌い上げる姿は圧巻で目を離すことができなかった。

「Fly high」「UNITE!」ではトロッコに乗った浜崎がアリーナを回り、その姿をスマホで撮影する人が続出。国内のアーティストのライヴでは珍しい、本編全て撮影OKという試みを取り入れたのも本ツアーの特徴と言えるだろう。本編はここまで展開された物語を締めくくるような「Voyage」で感動的に幕を閉じる。

一転してアンコールでは「SURREAL」「Boys&Girls」といった、歌って踊れるライヴ定番曲を連投して会場はヒートアップ。ダンサーやバンドメンバーとも仲睦まじい“素のあゆ”を見せてくれた。ファンの温かい声援を受け止めた彼女は、ダブルアンコールで涙ながらに最後の曲を歌い「代々木!またここで会おうね!」と笑顔で呼びかける。そしてステージにマイクを置いて、「ありがとうございました!」と肉声をアリーナに響かせ、熱狂のステージを終えた。

  ◆  ◆  ◆

“Just the beginning -20-”というツアータイトルが示すとおり、20周年への布石ともいえるツアーはまだまだ続いていく。WOWOWでは7月17日(月)に行われる大阪城ホール公演の模様を、WOWOWメンバーズオンデマンドで先行生配信。そして7月30日(日)にはWOWOWライブにて同公演の模様を放送する。なお、WOWOWではテレビ会員限定で「浜崎あゆみ × WOWOW オリジナルタンブラー」が当たるプレゼントキャンペーンも実施中だ。

WOWOW番組情報「浜崎あゆみ ayumi hamasaki『Just the beginning -20- TOUR 2017』」
先行生配信:7月17日(月・祝)午後4:00 [WOWOWメンバーズオンデマンド]
放送:7月30日(日)夜9:00 [WOWOWライブ]
収録日:2017年7月17日
収録場所:大阪 大阪城ホール
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/ayu/