リジー・キャプラン

写真拡大

性科学を研究するマスターズ博士を主人公とした異色ドラマ『マスターズ・オブ・セックス』で、マスターズ博士の共同研究者バージニアを演じたリジー・キャプラン。彼女がドイツ映画『U・ボート』のドラマ版に出演することが分かった。米Varietyが報じている。

リジーが出演する『U・ボート』リブート版の舞台はドイツ海軍の潜水艦Uボート「U-612」で、映画版の続編的な内容になるという。1981年に公開された映画版では、第二次大戦下に基地を出航したドイツの潜水艦U-96で繰り広げられる人間ドラマと、敵軍との壮絶な戦いが描かれた。

現時点でリジーの役柄は明かされていないが、Uボートの艦長を演じるのはドイツ出身の若手俳優リック・オコン(『Romeos(原題)』)。その他に英俳優オーガスト・ウィットゲンステイン(『ザ・クラウン』)とジョナサン・ザッカイ(『マーガレットと素敵な何か』)、ヴィッキー・クリープス(『コロニア』)とロバート・スタッドローバー(『パリよ、永遠に 』)、フランツ・ディンダ(『みえない雲』)らが出演。オーストリアやドイツ、ベルギーといった国際色豊かなキャスティングとなるようだ。

英Skyによるリブートは104日間のロケを予定していて、フランスのラ・ロシェルとマルタ島、プラハとミュンヘンで撮影が敢行されるとのこと。8話構成となるシリーズは、まずはドイツとイタリア、イギリスで2018年秋に放送される予定。(海外ドラマNAVI)