高い教育を受けたアラサーの独身女性は中国で「剰女(残った女性という意味)」と呼ばれている。昔の中国なら、女性は家庭の主婦となるのが普通で、そうなれるかが女性の人生の成功を左右した。資料写真。

写真拡大

高い教育を受けたアラサーの独身女性は中国で「剰女(残った女性という意味)」と呼ばれている。昔の中国なら、女性は家庭の主婦となるのが普通で、そうなれるかが女性の人生の成功を左右した。しかし、現在は、女性も結婚するかしないかを選ぶことができるようになっており、家族の世話が女性の唯一の選択肢ではなくなっている。参考消息網が米ビジネスメディア「クォーツ(Quartz)」のサイトの報道を引用して報じた。

中国の検索エンジン・百度が公開しているオンライン百科事典・百度百科は「剰女」について、「中国文化部(省)が2007年に公表した『中国言語生活状況報告』(06)に収められた171の新中国語単語の一つ。社会的に認められた27歳前後の結婚適齢期の女性を指す」と説明している。しかし、1980年代に生まれた人のうち、「剰女」の条件である年齢を満たす男性と女性の比率は136:100となっているため、「残っている」のは女性ではなく、男性だ。

現在、中国には独身の男女が約2億人おり、うち、男性が女性より3366万人多い。

「クォーツ」の記事は、「しかし、都市(特に大都市)では、独身の女性の数が男性より多い。発展している都市ほど、独身の女性が多い。都市の発展のレベルと独身の男女の比率は反比例している。例えば、上海では、独身男性の数が独身女性の4分の1しかおらず、それらの独身女性のほとんどが30-35歳だ」と指摘している。

そして、「都市に住む『剰女』の多くは高等教育を受けており、所得も高い。これは、中国で普遍的に見られる現象で、教育を受ける権利について言えば、中国の男女は平等で、これが女性解放運動に貢献している。08年以降、人口基数は、女性より男性のほうが大きいにもかかわらず、女子大生の数が男子学生の数を超えた。また、中国では女性の就職率も向上している。つまり、経済という観点から見ると、中国の男女差は世界で最も小さい」と分析している。

最近、スウェーデンの監督がメガホンを取った高級化粧品「SKII」の「彼女は最終的に婚活マーケットに行った」というタイトルのネットCMが、中国で大きな話題となった。「剰女」と両親のよくある関係を描いたこのCMは、ソーシャルメディアで瞬く間に40万回以上再生された。同CMに登場するある両親は、娘が「剰女」になってしまうことを心配して、「早く結婚するように」と娘に何度も催促する。しかし、社会ですでに成果をあげている娘はその要求を断固として拒否する。最終的に、両親は娘を公園にある「婚活マーケット」へ連れて行くものの、そこで見たものは、プロフィールではなく、「しなければならないから結婚するのはイヤ。それじゃ私は幸せになれない」などの両親へのメッセージを書いた多くの女性たちの写真だった。そして、両親はついに娘の決定を理解し、応援するようになる。今後は、さらに多くの人がその両親のように、伝統的な結婚観を押し付けるのではなく、いわゆる「剰女」となっている娘が自分の好きなライフスタイルを選ぶこと認めるようになるだろう。

「クォーツ」の記事は、「『剰女』は、高学歴、高所得で、自立し、自信を持って、自由に生きて行くことが完全に可能。それらの女性たちは広い知識を持ち、仕事の面で成功し、社会的に高い地位を有している。中国の著名な作家・銭鐘書は『結婚』を、『壁に囲まれた城』に例え、外の人は入りたいのに対して、中の人は出たがるとした。17年、中国の一、二線都市の離婚率は30%以上に達している。そのため、独身でいることは、決してネガティブな決定ではない」と指摘している。

そして、「盲目的に結婚するのではなく、自己認識を高めるよう女性を励ますべき。そのようにすれば、女性は自分で自分の幸せが何かを決め、自分の好きなライフスタイルを追求することができる」と指摘している。 (提供/人民網日本語版・編集KN)