360°大パノラマプロジェクションマッピング/画像提供:仙台うみの杜水族館

写真拡大

【仙台うみの杜水族館/女子旅プレス】宮城県仙台市の「仙台うみの杜水族館」に、2017年7月15日(土)より「映像」×「音」×「海の生きもの」が最新のデジタルテクノロジーと融合した巨大なパノラマ空間が誕生する。

【さらに写真を見る】仙台うみの杜水族館、映像×音×海の生きものの巨大デジタル展示が誕生

♥「映像」×「音」×「海の生きもの」が織りなす360°迫力の世界


大水槽「いのちきらめく うみ」では、魚が主人公となって世界の海の魅力を伝える「360°大パノラマプロジェクションマッピング」が誕生。

これは「いのちきらめく うみ」、「くじらのうみ」、「The Blue Shark ヨシキリザメ」、「南国のうみ、杜のうみ」、「イロワケイルカのうみ」の5パターンで構成した約10分間のコンテンツ。

大水槽にくらす本物の生きものたちが、くじらやイルカなどの映像の生きものたちと出会うことによって、新しい「うみの杜」が作り出され、またサラウンドシステムの音響が海中にいるかの様な感覚をより一層際立たせる。

◆海の生きものとジャズ音楽の感動的なショー「Sparkling of Life&Music」


三陸の海を再現した幅14メートル、水深7.5メートルの大水槽「いのちきらめく うみ」で繰り広げられる壮大な海のドラマ「Sparkling of Life」が、最新のデジタルテクノロジーを駆使し、天井や壁面をスクリーンにして、迫力の5.1chデジタルサラウンドによって、360°の圧倒的なスケール感とともに新しく生まれ変わる。

5,000尾増えた2万5千尾のマイワシたちが主役となり、海の生きものたちが、映像、そしてJAZZ音楽と共演し、ダイナミックなプレミアムな感動のショー体験を届ける。

♥色彩、音楽が調和した癒やしのクラゲ展示


水族館2階に広がる癒しのエリア「クラゲゾーン」も、最新のデジタルテクノロジーによって進化を遂げ、「カラージェリーフィッシュ」など6種のクラゲ水槽と最先端のインタラクティブ展示とで構成したゾーンにリニューアル。

「コミュニケーションウォール」に新設された参加型展示の「クラゲのワルツ」では、幅10メートルの壁面に映し出されるカラージェリーフィッシュに“タッチ”すると、7色の色彩鮮やかな色に変化。

また、「月」をテーマに空間演出を施した「月とクラゲのいやし」では、LEDに照らされる円形水槽を中心に、月の光に照らされたクラゲたちが優雅に宙を舞い、空間全体が様々なクラゲに包みこまれる幻想的な演出が観る者を包みこむ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■仙台うみの杜水族館(せんだいうみのもりすいぞくかん)


住所:宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
電話番号:022(355)2222
営業時間:時期により異なる
入館料:大人(18才以上)2,100円、中・高校生(12〜18才)1,600円、小学生(6〜12才)1,100円、幼児(4〜未就学児)600円、シニア(65才以上)1,600円

情報:仙台うみの杜水族館

【Not Sponsored 記事】