意中の彼と連絡先を交換したい時、なんて言ったらいいのか悩みますよね。すぐに「アカウントを教えてください」って言えれば苦労はしません。ですがあまり敷居を低くしてしまうと、軽い女だと思われてしまうかもしれませんし、それでは女がすたるもの。では、自分の女性としての価値を低くせずに、彼のアカウントをゲットするにはどうすればいいのでしょう? 

LINE交換をしたい時に使ってみて!

「このお店、クーポンあるみたい! LINEやってる?」

LINEの公式アカウントで、クーポンを配信している会社は多々あります。飲食店や娯楽施設など、お友達になったら割引があるお店が増えてきましたね。もし、出かけた先のお店がクーポン対称店なら、これを使って話題を広げてみてはいかがでしょう?
「このお店、クーポンあるみたい!」というところから、「よかったら交換しない?」という流れにもっていくのです。お得な割引に連絡先もゲットできて一石二鳥ですよ。

「このメンバーで集まりたいよね! LINE教えて!」

合コンや仲間内の集まりの時、「このグループでまた集まりたい」と言って、彼をふくめた全員分連絡先ゲットするのは常とう手段です。ただし、手間がかかるのがネックですね。グループラインである程度やりとりをしたら、個人LINEで「今度飲み会する時、一緒に幹事してほしい」というようなお願いをしてみるのはいかがでしょう?

「仕事内容を連絡するグループを作ろうよ」

彼と職場で知り合ったのであれば、「職場仲間のグループラインを作ろう」と言って彼の連絡先をゲットしてみては? あまり親しくない間柄であったとしても、「仕事ならば」とアカウントを教えてくれるでしょう。仲良くなるのは、それからでも遅くありません。

「また会いたいのですが、連絡するのはメアドとLINEのどちらが都合いいですか?」

個人情報の漏洩防止に、LINEのアカウントをあまり教えたがらない人が増えてきているようです。この質問をすると、「この子、俺と個人的に連絡がとりたいんだな」とわかりやすく相手に伝わります。そして、脈があればメアドを口頭で伝えるより、手間のかからないLINEのアカウントを教えてくれるというわけです。相手に選択肢を与えることで、好感度もアップします。直球で「LINE教えてください」とお願いするよりも、拒否しにくくなるのもポイントです。

「○○さんだったらいつでも大歓迎です!」

男性のレベルが高い方だったりすると、LINE交換をお願いするのも勇気がいることでしょう。そんな時は、「○○さんだったら大歓迎!」と直球で好意を伝えてみましょう。「もらえたらうれしい」というスタンスだけ伝えるのです。「好き」と直接言ってはいませんから、相手が身構えることはありません。何より、「あなたと連絡先を交換できたら光栄です」という気持ちをもらって、悪い気はしないでしょう。その場で交換にいたらなかったとしても、断られているわけではないですから、空気が悪くなることはないですよ。

いかがでしたでしょうか? 気になる人と出会えるなんてまたとないチャンス、見逃してはいけませんよ! 大人のレディらしくスマートに、かつ好感をもってもらえるようなふるまいでもって彼にお近づきになっちゃいましょう! 健闘をお祈りしています!