イラク北部モスルの旧市街で、破壊されたヌーリ・モスク前を、赤ちゃんを抱いて逃げる女性(2017年7月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イラク北部モスル(Mosul)では、市西部の旧市街(Old City)で抵抗を続けるイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」と奪還を目指すイラク治安部隊との激しい戦闘が続いているが、国連(UN)は6日、旧市街には最大2万人の民間人が取り残されているとの見方を示した。

 奪還作戦開始から8か月以上を経て、当初モスルを完全掌握していたISの支配地域は、いまや市西部の旧市街のみとなっている。しかし、ISの最後の抵抗は激しく、軍指揮官によると戦闘員が民家の中に潜み、内部を改めにきた兵士に向かって銃撃したり、兵士もろとも自爆したりする新戦法を用いているという。

 イラクのハイダル・アバディ(Haider al-Abadi)首相は4日夜のテレビ放送で、「モスルで大勝利を収めることができた」と述べ、国民や治安部隊、シーア(Shiite)派指導者らをたたえた。だが、5日も市内では銃声や爆発音が止まず、奪還作戦がまだ最終局面を脱していないのは明らかだ。旧市街の地形や取り残された大勢の市民のため、政府軍は極めて困難な戦いを強いられている。

 こうした中、国連イラク支援ミッション(UNAMI)のリズ・グランデ(Lise Grande)事務総長特別副代表は、「国連の現時点での推計では、旧市街には1万5000人程度〜最大2万人の民間人がいる可能性がある」と述べ、取り残された人々が「爆撃や交戦に巻き込まれるきわめて危険な状態」にあると警告した。
【翻訳編集】AFPBB News