Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「人生において常にチャレンジや試練がある」と語るのは数々のディズニー/ピクサー作品に携わってきたブライアン・フィー。彼の監督デビュー作となった『カーズ/クロスロード』では第一線で走り続けてきたマックィーンの“人生の岐路”が描かれている。
誰もが直面する人生の大きな壁や、思いがけない挫折、そしてその先に見えてくる新たな道で決断をし前に進む――原点回帰を繰り返しながら生きていく人間性を車のキャラクターで描くことに成功した本作。3作目で描きたかったのは“師の教え”。『カーズ』で登場するマックィーンの恩師ドック・ハドソンの声を演じるポール・ニューマンが亡くなり、2作目以降出演することはなかった。なぜ3作目にしてマックィーンの人生に立ち返り、彼を再登場させたのか?

『カーズ/クロスロード』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
「この映画を(どういうものにしようかと)考えていたとき、それが僕らに興味を抱かせたストーリーだったんだ。特に、マックィーンとドックの関係にね。彼らを師と弟子として見ていた。僕がこの映画にどのように入っていったかというと、彼らのことをほとんど父親と息子のように考えていたんだ。いま、ドックはいなくなってしまった。そしてマックィーンは年を取ってきている。いくつになっても、人生においてチャレンジや試練がなくなることはないんだ」と熱い眼差しで語るフィー監督。彼にもマックィーンのような出来事があったという。「僕の母は亡くなったんだけど、数え切れないほど何度も母に電話をしたいと思ったよ。母がどう思うか、母ならどうするか聞きたいと思ったけど、それは出来ないんだ。ただ同時に、僕がいまは2人の子どもがいる父親でもあるんだ。彼女たちは僕を頼りにしている。だから、彼女たちとのエピソードを思い出すと、逆の立場でも考えることができたんだ」。

続けて口を開いたのはプロデューサーを務めるケヴィン・レハー。「『カーズ』の1作目から約11年経っているんだ。アスリートが、キャリアを始めて11年後、どういうところにいるだろうか? それは、マックィーンのストーリーを前進させるための出発点になったんだ」。1作目ではドックやメーターをはじめ仲間たちの優しさに触れ、本当に大切なものに気づき“スター”になることができた。2作目では各国のレースに参加し技術を上げていくマックィーン。3作目では新キャラクター・クルーズが登場し、彼女とドックの思いを支えに“ある決断”をするのだ。レハー氏は『カーズ』を通して「人生において、何が最も重要かを発見すること」について考えてほしいという。「僕たちがこの映画で伝えようとしたこと、“誰かほかの人のサポートをすることは、やりがいがあるだけじゃなくて、自分でやるよりももっと満足感を得られることがある”ということだよ。自分の人生に価値を見つける、ということなんだ」。

『カーズ/クロスロード』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『カーズ』が誕生して11年、技術面的にも大きな変化があったのだそう。特に注目のシーンは、ストームとの勝負に負け、クルーズと共にトレーニングを重ねていく中で出会う「クレイジー8デモリッション・ダービー」。強烈なキャラクターが登場し泥まみれになりながら大迫力のダービーを繰り広げる。フィー監督は「率直に言うと、僕たちが、(『カーズ』の)最初の映画で泥が出来たとは思えない。だから、技術の進歩やツールが、過去には決して出来なかったことを出来るようにしてくれたんだ」「僕たちが、クレイジー8に対してフィーリング的に気をつけていたのは、あまりに怖すぎるようにしたくない、とことだった。この国では、デモリッション・ダービーは、土曜日の夜、家族を連れて楽しむ、というものだ。僕たちはそういう世界の中で、キャラクターを描きたかった。彼らはダービーを楽しんでいるんだ。お互いぶつかり合っているが、彼らはいつも笑顔を浮かべている。僕たちのリサーチから得たちょっとした真実で、必ず入れ込みたかった。だから楽しいシーンなんだ。マックィーンにとってはそうじゃないけどね(笑)」。

そのダービーに登場するキャラクターがマックィーンも恐れるスクールバスの“ミス・フリッター”。彼女の話になると目を輝かせるのはレハー氏だ。「僕はミス・フリッターのファンなんだ。リー・デラリアがその声をやっているんだけど、彼女は僕の大好きな女優の一人なんだ。彼女は『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で、ビッグ・ブーを演じている。彼女は、マックィーンとクルーズのところにやって来て、『ブー!』って言うんだ。彼女は僕の一番のお気に入りだよ」。

『カーズ/クロスロード』記者会見(C)Alberto E. Rodriguez(C)2017 Getty Images
先日、来日していたフィー監督。実は東京を舞台にしたレースが登場する『カーズ2』のときに日本に滞在したことがあるという。「光栄なことに、日本の北部を回ることが出来たんだ。東京から始めて、北に行って、札幌に行った。毎日、僕はいろんな町に行って話をした。あるときは、小学校の子どもたちと遊んだりした。そしてあるときは、美術学校の生徒とトークをしたりした。そして毎晩、僕たちは最高に素晴らしい食事をしたよ」。

そんなフィー監督は日本のアニメーションについても関心があるようで、中でも宮崎駿監督が手掛けるスタジオジブリの『となりのトトロ』は「完全にマジカル」だそう。「『となりのトトロ』は、僕が史上最も好きなアニメーション映画かもしれない。すべての宮崎さんの映画にすごく雰囲気があるんだ。空気の匂いがするし、女の子が新しい家に引っ越しすることに完全に夢中になる。そして、田舎やフィーリング、アートワークなどすべてのことに惹きつけられる。アニメーションやすべてが本当に美しい。それからミステリアスになる。そして、スピリットが現れ始めるんだ。完全に惹きつけられるね」と語る隣でレハー氏も深く頷いていた。

ケヴィン・レハー&ブライアン・フィー監督/『カーズ/クロスロード』in ピクサースタジオ
最後に気になるのは、ディズニー/ピクサーのファンなら恒例の楽しみとなっている“隠れキャラ”。今回も隠れてる…? 「僕たちが知っている以上にあるよ!」と語るのはレハー氏。「A-113。ジョン・ラセターとブラッド・バード、ヘンリー・セレック、ティム・バートンが、カルアーツにいたときに仕事をした教室の番号だ。そして、スターリングのオフィスの番号がA-113なんだ」。続けて「ピクサー・プラネットのトラック」(フィー監督)「魚雷(の形をしたもの)は、8字形のデモリッション・ダービーに出てくるよ」(レハー氏)。さらにフィー監督は「ピクサー・ボールは、いつも僕たちの映画に出てくる。僕たちは、それをとてもうまく隠そうとした。みなさんに探してもらおう」とニヤリ。また、2018年3月16日(金)に日本公開が決定しているディズニー/ピクサーの次回作『リメンバー・ミー』のキャラクターもいるという。「いくつか『リメンバー・ミー』の隠れキャラクターがあるよ。1つ以上ある。次回作『リメンバー・ミー』にちょっと会釈をするんだ。僕たちはいつも次回作のものを出すということをやっているよ」。

『カーズ/クロスロード』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
協力:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
カーズ/クロスロード 2017年7月15日より全国にて公開
(C) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■関連記事:
『カーズ』最新作、『ワンダーウーマン』を抜き全米No.1スタート!
藤森タジタジ!『カーズ』最新作の監督に「とてもチャラい!」といじられる
カリフォルニアのディズニー「カーズランド」に潜入!レーシングに参加も
ジョン・ラセター、親友・宮崎駿は「走り続けるだろう」『カーズ』ワールドプレミアに登場!
オーウェン・ウィルソンら声優キャストが大集結!『カーズ』LA会見