【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)が6日に発表した最新の世界ランキングによると、韓国は前月から8ランク下落の51位になった。
 2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選でカタールに敗れたほか、イラクとの親善試合に無得点で引き分けたことが響いた。
 アジア勢では23位のイランがトップ。韓国はオーストラリア(45位)、日本(46位)に次ぐ4位。
 世界1位はドイツで、2位はブラジル、3位はアルゼンチンだった。
sarangni@yna.co.kr