第13回日中韓女子(U-18)サッカー大会に参加しているU-17日本女子代表は5日、第1戦でU-18韓国女子選抜と対戦し、1-0で勝利した。日本は6日の第2戦でU-18中国上海女子選抜、7日の第3戦でU-18大阪女子選抜と対戦する予定となっている。

 前半34分に決勝点となる先制ゴールを挙げたMF小林一歩は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「まだ活動を開始して3日目ですが、勝利という形で終われたことは良かったです」とコメント。また、楠瀬直木監督は「代表活動が初めての選手が多く、緊張で普段通りに行かずミスが続く立ち上がりでしたが、『代表』としての『重圧』を肌で感じてくれたことは良い経験になったと思います」と話した。

以下、出場メンバー

U-17日本女子代表 1-0(前半1-0)U-18韓国女子選抜

▽得点

34分:小林一歩(U-17日本女子代表)

▽スターティングメンバー

GK:近澤澪菜

DF:小田川真奈、船木和夏、渡邊真衣、渋谷巴菜

MF:山田愛葵、山崎涼帆、小林一歩、宮本光梨

FW:土肥穂乃香、澁川鈴菜

▽サブメンバー

GK:黒沢彩乃

DF:鈴木陽奈、高橋恵美理

MF:市川碧、川北美空、小林綺那

FW:有馬りこ

▽交代

HT:山田愛葵→有馬りこ

HT:小林一歩→市川碧

HT:宮本光梨→鈴木陽奈

57分:土肥穂乃香→小林綺那