【ライブレポート】早見沙織、竹内まりやによる新曲「夢の果てまで」をライブで披露

写真拡大

2015年以来2度目となった、早見沙織のコンベンション・ライブが行われた。そのレポートをお届けする。

前回はデビュー直前のお披露目という形式でありながら多くの楽曲を披露し、“アーティスト・早見沙織”を鮮烈に印象づけたステージだった。あれから2年、再び開催された今回のステージでは、彼女のアーティスト活動にあらたな展開が見られた一方で、早見沙織のアーティストとしての進化を目の当たりにした、そんな一夜となった。

この日のライブ・ステージは、昨年のツアー「早見沙織1st CONCERT TOUR“Live Love Lough”LIVE」でも聴かれたアンビエントなSEからの「NOTE」で幕を開ける。導入ではeyelisの活動でも知られる増田武史によるアコースティック・ギターのストロークと共に、早見の軽快な歌声を聴かせる。そこからバンドが入ってきて一気に華やいだあとのサビでは、日俣綾子による流麗なヴァイオリンと共にこんどはシルキーな歌唱で魅了する。彼女の1stアルバム『Live Love Lough』やツアーを経て、より表情豊かな歌声を聴かせている印象だ。

「こんな素敵な会場の雰囲気に合うような楽曲を用意しました」というMCを挟んでの2曲目は、かどしゅんたろうによる硬めなスネアのフィル・インでスタートした「eve」。かつてはグランドキャバレーであり、レトロな洋館の雰囲気もある東京キネマ倶楽部でのライブと聞いたときから、彼女の楽曲のなかでもジャジーなものは映えるだろうと思っていたが、これが想像以上のハマり具合。会場のギラギラとした照明と相まって、早見の歌唱も大人びた艶っぽさが増す。

続いてもバンマス・黒須克彦のアップライト・ベースによるソロからスタートした「ESCORT」。2年前のコンベンション・ライブにてすでに披露されて人気を博したジャズ・ナンバーは、そこからアルバム、ツアーとアレンジを変えて披露されてきたが、ここでもヴァイオリンが加わって、よりムーディーなテイストに。時を経て、また場所に応じて楽曲が生き物のように変化していく。それは同時にアーティスト・早見沙織の進化を見るようでもある。直後、増田によるフラメンコ風味のギターが鳴り、早見がそのフレーズの上で心地良いスキャットを聴かせて始まった「レンダン」。この楽曲の作曲を担当した川崎里実のピアノとバンドが加わってからの歌唱がまた絶品で、儚いファルセットが入り混じった情熱的な歌声を聴かせた。

早見がストゥールに腰をかけて「今日のためだけの特別なアレンジの曲を持ってきました。まったりしてください」と言うと、ボサノヴァ風にアレンジされた「やさしい希望」へ。早見の言葉通りまったりとした、原曲のフレッシュさや凛々しさとはまた違った魅力が聴かれたレアなバージョンとなった。早見もまたこうしたアレンジに的確にアジャストしていくというか、上質なブラジル音楽を聴いているかのような気分させるハマリぶりだった。バンド・メンバーによる「Happy Birthday To You」の演奏で、この日が26歳の誕生日である早見をサプライズで祝うというひと幕があったあと、和やかなムードのなか緊張感あふれる「Installation」がスタート。川崎のピアノと共に歌い出したこの曲も、この日ならではのアレンジに。1コーラスを歌いきったあとは、激しいギターのストロークによってアレンジが一気に変わる。サウンドがアグレッシブになっていくにつれ、早見の歌唱も普段聴かれないラフで力強いものに。振り絞るような歌唱に続いてのパワフルなインストが止み、大きく息を吸い込んだあとのサビのボーカリゼイションもすさまじく、プログレッシブですらある壮絶な展開を見せた。

そしてセットも終盤、早見自身から「次が最後の楽曲」と告げられる。この日発表された、早見が主人公の花村紅緒を演じる劇場版「はいからさんが通る 前編〜紅緒、花の17歳〜」の主題歌となる新曲であり、竹内まりやのペンによる一曲である「夢の果てまで」だ。早見曰く「前に進んでいける元気とパワーをぎゅぎゅっとくれる」というこの楽曲、イントロからすでに竹内まりやだと思わせるキャッチーで歌謡的で、どこかノスタルジックな雰囲気で、平成のキネマ倶楽部から大正のダンスホールにタイムスリップしたような、「はいからさんが通る」の雰囲気にもぴったりなサウンドだ。そんな竹内まりや印の曲に早見沙織の声が乗るというだけでも感動的なのだけど、そこで凛々しく力強く、そして実に乙女な歌声というところが特徴的。この歌が劇場で流れる頃、あるいは音盤として聴かれる頃には、この曲が早見沙織の新たな代表作となっている、そう確信させるポップ・ナンバーだ。

2015年のコンベンション・ライブから丸2年が経った2017年5月29日。始まりを告げたあの日から、早見のパフォーマンスや存在感そのものが大きく進化している、そう感じられたステージだった。2017年を「日々ワクワクしながら一日一日を過ごしていく」と目標づけた早見沙織。「Animelo Summer Live 2017-THE CARD-」への出演も決まった夏から、「はいからさんが通る」が公開される秋〜冬へ、我々をワクワクさせてくれる機会が次々と訪れるだろう。その過程で訪れる、早見沙織のさらなる進化を楽しみにしたい。

そして、早見沙織が主題歌を担当する11月11日公開の劇場版『はいからさんが通る 前編〜紅緒、花の17歳〜』の特報映像が解禁となった。

主題歌のタイトルは「夢の果てまで」で、同楽曲収録のCDを11月8日(水)に発売。作詞・作曲を竹内まりやが担当していることでも大きな話題になっている楽曲だ。

映画情報
劇場版はいからさんが通る前編〜紅緒、花の17歳〜
2017年11月11日(土) 公開
(後編〜東京大浪漫〜 2018年公開予定)

リリース情報
「夢の果てまで」
歌:早見沙織 作詞・作曲:竹内まりや 編曲:増田武史
2017年11月8日(水)発売