マハーシャラ・アリ

写真拡大

第66回エミー賞で監督賞を含む5部門を獲得した大ヒットTVシリーズ『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』。心機一転望んだシーズン2が高い評価を得られず存続が危ぶまれていたが、このほど、映画『ムーンライト』で知られるマハーシャラ・アリが、新シリーズの主演を務める可能性が浮上した。

米TV Lineによれば、放送局である米HBOとマハーシャラの契約は完全に成立しておらず、またシーズン3の製作自体、正式に発注されているわけではないのだという。だが、ここにきてマハーシャラを起用する話が出てきたことは、新シーズン製作に向けて企画は前向きに進んでいる兆しと考えていいようだ。

今年3月には、クリエイターのニック・ピゾラットが少なくともシーズン3の2話分の脚本を執筆していることと、脚本家のデヴィッド・ミルチ(『NYPD BLUE 〜ニューヨーク市警15分署』)が彼と共に製作に関わっていることが明らかになっていた。

本年度アカデミー賞をはじめ、多くの映画賞を獲得した映画『ムーンライト』で、わずか24分間の出演時間にもかかわらず、初のノミネートとなったアカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』や、『4400 未知からの生還者』といったTVシリーズでも活躍してきた彼の本作への抜擢は、シーズン2の汚名をすすぐ起死回生の鍵となるのか。今後の動向に注目したい。(海外ドラマNAVI)