“美脚”麻木久仁子が勧める「むくみ」「便秘」解消法

写真拡大

 ふくらはぎのむくみは、疲れや塩分の取り過ぎなどによるものとよくいわれます。でも、実はそれだけが原因とは限らないようです。

 小林メディカルクリニック東京院長 小林暁子先生によれば、下半身のむくみは便秘が原因である可能性もあるそうなのです。

 便秘によって腸にガスがたまることで、腸内や腸周辺のリンパのうっ滞を招き、下腹部のお腹ぽっこりや、下半身のむくみにも影響が出ることもあるのだそう。もし下腹部や下半身のむくみが日頃から気になっている場合には、便秘がないかどうかも確かめたいですね。

 タレントで国際薬膳師の麻木久仁子さんによれば、むくみや便秘には「大豆」がいいと紹介しています。薬膳では、大豆は体の水の代謝を整え、むくみをとる食材とされているそうです。

 大豆をよく炒ってからご飯に入れて炊く「大豆飯」や、味噌汁に豆乳を入れた「豆乳味噌スープ」などにして大豆を取り入れているという麻木さん。これなら若い女性にとっても美味しく食べられ、無理なく対処できそうですね。

 美脚の大敵であるむくみにお悩みの方は、ぜひ食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。