『GODZILLA 怪獣惑星』 ©2017 TOHO CO.,LTD

写真拡大

11月17日から公開されるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された。

【動画を見る】

同作の舞台は、「怪獣」と呼ばれる巨大生物たちとの戦いに敗れた人類が、他惑星への移民計画に失敗した未来。長距離亜空間航法で移民計画から地球に帰還した主人公ハルオ・サカキらが、2万年後の地球に築き上げられていた、ゴジラを頂点とする未知の生態系を目撃するというあらすじだ。

公開された特報では、移民船に乗るハルオが険しい表情で地球を見下ろす姿や、揚陸艇が地球に降下するシーン、ゴジラの亜種である未知の怪獣「セルヴァム」たちと人間の部隊が戦闘する様子、ゴジラと思われる巨大な生物が逆光と霧に照らされて立つ姿などが確認できる。

『GODZILLA 怪獣惑星』では、監督を静野孔文、瀬下寛之、ストーリー原案と脚本を虚淵玄(ニトロプラス)、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当。『GODZILLA 怪獣惑星』を第1作とする3部作が展開される。