趙報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は6日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて国連安全保障理事会の緊急会合が5日午後(米東部時間)に開催されたことについて「全ての安保理理事国が北の今回の弾道ミサイルによる挑発を迅速・強力に糾弾し、断固とした対応を取る意志を表明した点を評価する」と表明した。

 韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は6日の定例会見で「安保理理事国の間で北の今回の弾道ミサイル発射に対する措置に関する協議が進んでおり、韓国政府は米国などの友好国と緊密な協力の下で必要な外交的努力を傾けている」と述べた。
 趙報道官は、先週の韓米首脳会談で定例化に合意した外交・国防高官級による拡大抑止戦略協議体(EDSCG)会議と韓米外交・国防閣僚会議(2プラス2)について、「両国は今後第2回EDSCGの開催など、関連事項を実務レベルで協議していく予定だ」と説明した。
ynhrm@yna.co.kr