画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スウェーデンのボルボ・カーズは5日、2019年以降に発売されるすべてのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えると発表した。全モデルにEV・プラグインハイブリッド・マイルドハイブリッドをラインアップし、内燃機関のみで走行するモデルはなくなるという。

ボルボはこの発表について、電動化に取り組むすべての自動車メーカーにとって最も大きな転換期のひとつであり、内燃機関の発明から1世紀以上を経て、自動車の歴史における新たな章の幕開けと位置づけている。

ボルボは今後、すべてのモデルにガソリンおよびディーゼルのプラグインハイブリッド、もしくは48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッドを用意する。また、2019〜2021年の間に5台のEVを発売する。うち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーになるという。

ボルボでは、かねてより2025年までに100万台の電動化したボルボ車を販売すると明言していたが、今回の発表はこの目標の実現に向けた決意表明といえる。同時に、環境への影響を低減して未来の都市をよりクリーンにするボルボの取組みを示すものとなっている。ボルボはその製品と事業の双方で、CO2の削減に重点を置き、2025年までに気候変動に影響しない生産事業を行うことをめざすとしている。