【心理テスト】猫とネズミがばったり遭遇、この後どうなる? 答えでわかる年下との関係作り

写真拡大

 自分よりも年下の人のことを、あなたはどんな風に思っていますか? その気持ちは態度にあらわれます。今回は、あなたが部下や後輩など、目下の人にどんな態度をとりがちか、心理テストで探っていきましょう。

【質問】
 猫とネズミがばったり会いました。どうなると思う?

A:猫がネズミを食べる
B:一緒に遊ぶ
C:お互い通り過ぎる
D:ケンカする

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

【診断できること】
「年下への態度のとり方」
 猫はあなたを、ネズミはあなたよりも年下の人をあらわしています。あなたが想像した猫とネズミの行動から、あなたが年下の人に対して、どんな態度をとるのかがわかるのです。

■A:猫がネズミを食べる……便利に使う
 猫がネズミを食べるという残酷な結末を想像したあなた。年下の人に対しては、かなり強い態度をとります。「これをやって」「あれはどうしたの」と、ついつい命令・詰問口調になりがちです。そして、年が下だというだけの理由で、相手を自分の思い通りに動かそうとすることが多いでしょう。

■B:一緒に遊ぶ……仲よく付き合う
 猫とネズミが、仲よく一緒に遊ぶと思ったあなた。あなたは、年下の人の面倒見がとてもいい人です。仕事を一からていねいに教えてあげますし、仕事帰りに食事に連れていってあげたりもするでしょう。だからといって、先輩風を吹かすわけではなく、年下の意見もちゃんと尊重します。

■C:お互い通り過ぎる……やや不親切
 猫とネズミが無視し合って素通りしていくと思ったあなた。年下の人には、あまり関心がないようです。あなたは、年下の人に仕事の仕方をきちんと教えてあげなかったりして、やや不親切なところがあるでしょう。その代わり、相手をいびったりといった、陰険なこともしません。

■D:ケンカする……一線を引き、親しくはしない
 猫とネズミが反発し合い、ケンカをすると思ったあなた。年下の人に対して、ちょっと反感を持っているようです。「これだから最近の若い子は……」と、ついグチを言いたくなることがあるのではないでしょうか? プライドが高いこともあり、年下の人に歩み寄って仲よくなろうという気はないのでしょう。

 年下の人からも、手助けをしてもらうことがあるかもしれません。日頃から親切にしておいて、損をすることはないはず。自分が下の立場だった頃のことを思い出し、うれしかったことをしてあげるといいかもしれませんよ。
(紅たき)※画像出典/shutterstock