ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、7月6日、Makeblock社のプログラミング教育用ロボット「Airblock(エアブロック)」を発売すると発表した。参考標準価格は22,000円(税抜)。2017年7月14日(金)より一部家電量販店や SoftBank SELECTIONオンラインショップ などのECサイトで販売する。
同製品は、専用アプリであらかじめプログラミングしておくことで、離着陸、旋回、宙返りなど、高度な自動操縦飛行をさせることができる。プログラミングには、スクラッチベースの簡単な手法を採用しているため、子供でも楽しみながらプログラミングスキルを身に着けられるSTEM教育に最適なドローンだ。

ドローン本体はモジュール式になっており、各ブロックを簡単に分解、好みの形態に組み替えることが出来る。付属のベースパーツと組み合わせることで、地上や水上での航行が可能なホバークラフト型にも変形し、6個あるプロペラブロックを使えば無限大の組み合わせが楽しめる。

また、プロペラ部分はマグネットで結着する作りになっているため、衝突・落下の際にはバラバラになって衝撃を吸収する。そのプロペラ部分は発砲ポリプロピレン製の衝撃吸収ガードが一体となっており、ボディー自体も約150gと軽量で、屋内で使用しても衝突対象物を破損させない工夫がなされている。

対象年齢は8歳以上、プログラミングした「Airblock」をスマートフォンを使って操作することもできるので、レースで競争するなど、様々な遊び方が可能だ。

ベースを組み合わせたホバークラフト型

ドローン型


ソフトバンク コマース&サービス株式会社
URL:https://www.softbankselection.jp/
2017/07/06