(左上から)ラカゼット(アーセナル←リヨン)、イボーラ(レスター←セビージャ)、ムニエ(ハッダーズフィールド←モンペリエ)、ルジューヌ(ニューカッスル←エイバル)のプレミア上陸が決定。 写真:Getty Images、ハッダーズフィールド公式ツイッター、ニューカッスル公式ツイッター

写真拡大

 現地時間7月5日、アーセナルがFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得を発表した。2022年までの5年契約で、リヨンに支払った移籍金は5300万ユーロ(約63億6000万円)。最大で700万ユーロ(約8億4000万円)のボーナスがプラスされるビッグディールで、これは13年夏にレアル・マドリーからメスト・エジルを獲得した際の4700万ユーロ(約56億4600万円)を上回るクラブ史上最高額だ。
 
 同じく大きな商談をまとめたのが、レスターだ。セビージャのスペイン代表MFビセンテ・イボーラを1500万ユーロ(約18億円)で獲得した。得点力とリーダーシップを兼ね備えた長身のセントラルMFで、緊急時にはCBにも対応可能だけにオプションとしても有用だろう。
 
 ようやく重い腰を上げたのが、最短の1年でプレミアに返り咲いたニューカッスルだ。スペインのエイバルから26歳のフランス人CBフロリアン・ルジューヌを移籍金1000万ユーロ(約12億円)で迎えている。ここから本格的に動き出すか。
 
 そのニューカッスル以上に積極的な動きを見せている昇格組が、ここにきて5人の新戦力を新たに加えたハッダーズフィールド。とりわけ期待が大きいのは、1300万ユーロ(約15億6000万円)でモンペリエから獲得したベナン代表の長身CFステーブ・ムニエだ。昨シーズンは持ち前の高さを活かして14ゴールを挙げている点取り屋である。さらに、往年の名MFポール・インスの息子であるトム・インスの補強、マンチェスター・シティからレンタル中だったMFアーロン・ムーイの完全移籍も決まり、45年ぶりとなるトップリーグでの戦いに向けて着々と準備を整えている。
 
 プレミアリーグでここまでに決まった夏の移籍は、以下の通り。
 
■チェルシー(16-17シーズン優勝)
獲得
ウィリー・カバジェロ(←マンチェスター・C/移籍金ゼロ)
 
放出
GK アスミール・ベゴビッチ(→ボーンマス/移籍金1150万€)
DF ジョン・テリー(→アストン・ビラ/移籍金ゼロ)
DF ネイサン・アケー(→ボーンマス/移籍金2280万€)
 
■トッテナム(16-17シーズン2位)
獲得
なし
 
放出
なし
 
■マンチェスター・シティ(16-17シーズン3位)
獲得
GK エデルソン(←ベンフィカ/移籍金4000万€)
MF ベルナルド・シウバ(←モナコ/移籍金5000万€)
 
放出
GK ウィリー・カバジェロ(→チェルシー/移籍金ゼロ)
DF パブロ・サバレタ(→ウェストハム/移籍金ゼロ)
DF バカリ・サーニャ(→未定)
DF ガエル・クリシ(→未定)
MF ヘスス・ナバス(→未定)
 
■リバプール(16-17シーズン4位)
獲得
MF モハメド・サラー(←ローマ/移籍金4200万€)
FW ドミニク・ソランキ(←チェルシー/移籍金ゼロ)
 
放出
GK アレックス・マニンガー(→引退)
 
■アーセナル(16-17シーズン5位)
獲得
DF セアド・コラシナツ(←シャルケ/移籍金ゼロ)
FW アレクサンドル・ラカゼット(←リヨン/移籍金5300万€)NEW!
 
放出
FW ヤヤ・サノゴ(→未定)
 
■マンチェスター・ユナイテッド(16-17シーズン6位)
獲得
DF ヴィクトル・リンデロフ(←ベンフィカ/移籍金3500万€)
 
放出
FW ズラタン・イブラヒモビッチ(→未定)
 
■エバートン(16-17シーズン7位)
獲得
GK ジョーダン・ピックフォード(←サンダーランド/移籍金2850万€)
DF マイケル・キーン(←バーンリー/移籍金2850万€)
MF ダフィ・クラーセン(←アヤックス/移籍金2700万€)
FW サンドロ・ラミレス(←マラガ/移籍金600万€)