【激かわ】花束サンドやカフェ風サンドイッチの作り方

写真拡大

お弁当やランチ、朝食など、さまざまなシーンで活用できるお手軽ご飯のサンドイッチ。好きな具材を挟むだけでもおいしいですが、せっかくなら見栄えにこだわってみるのも楽しいはず。そこで、見ためがかわいいサンドイッチの作り方をご紹介します。

まるで花束のようなサンドイッチの作り方

一般的にはパンで具材を挟むサンドイッチですが、今回は挟まずに巻きます。そのため、「サンドらず」や「ブーケサンド」などと呼ばれることも。材料や作り方は以下の通り。

【材料】

・食パン…1枚

・ハム…1枚

・スライスチーズ…1枚

・プチトマト…1枚

・サラダ菜…1枚

・マヨネーズ…適量

【作り方】

1)食パンの耳を切り落とす

2)ハムを半分に折り、折り目のほうに細かく切れ込みを入れる

3)2でプチトマトを巻く

4)食パンにマヨネーズを塗る

5)4にスライスチーズ、サニーレタスを敷き、3をのせる

6)手巻き寿司のように食パンの端から巻いたら完成

食材や味付けは一例なので、マヨネーズの代わりにバターやクリームチーズを塗ってもOK。この作り方をすると、具材が一部分(花部分)に偏ってしまうので、余った具材を中心部などにも巻いておくと、最後までおいしく食べることができます。

食パン以外のパンで作ればカフェ風サンドイッチに!

食パンを使った昔ながらのサンドイッチも捨てがたいですが、たまには雰囲気を変えて、カフェ風のサンドイッチを作ってみるのもオススメです。

【材料】

・クロワッサン…1個

・アボカド…1/2個

・ハム…3枚

・卵…1個

・塩コショウ…少々

・バター…適量

【作り方】

1)卵でスクランブルエッグを作り、塩コショウで味付けする

2)アボカドをスライスする

3)クロワッサンに横から切れ目を入れて、バターを塗る

4)3に半分に折ったハム、アボカド、スクランブルエッグを挟んだら完成

いつもの具材をクロワッサンで挟むだけで、たちまちオシャレなカフェスタイルに。アボカドの変色が気になる場合は、スライス後にレモン汁をかけておくと◎。

「子どもがご飯を食べてくれない」、「外食する時間はないけど、ちょっと気分を変えたい」といった日もありますよね。そんなときは今回紹介したような方法で、見栄えを変えれば楽しい食事ができるかもしれません。

(文・山手チカコ/考務店)