探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、外資系金融会社に勤務する彼氏の浮気を疑う、梅田佐和子さん(仮名・32歳)です。彼女は自分のお店を開くことを夢見て、都内のおしゃれなカフェで時給900円のアルバイトをしています。

カウンセリングルームにお見えになった時のファッションは、フランスブランドのボートネックのボーダーシャツに、カーゴパンツ、蓋つきのカゴバッグにワークキャップをかぶっており、90年代のサブカル少女が、現代にタイムスリップしてきたかのようでした。

洋服の上からも、二の腕が筋肉質で引き締まっていることがわかり、小柄ながらスタイル抜群なのは、きちんと鍛えているからだと感じました。目がパッチリとしていて、肩下までのツヤツヤ黒髪セミロングヘアー。これは絶対にモテる女性だと確信。

「今回、調査をお願いする彼氏とは、絶対結婚したいんです。私は、恋愛は全く興味がなく、お金が大好き。結婚するのは、彼が年収2000万円だからです。私は今までに、いろんな男性から誘われてきて、中には有名な経営者や芸能人もいました。そんな人々の誘いに乗らなかったのは、堅実でお金持ちの結婚相手をゲットするためです」

不安定な高収入の人よりも、生涯年収の高さがポイントだと佐和子さんは言います。“とにかく私はお金が好き”と続けます。

「お金が好きすぎて、今まで恋愛などで悩んだことがないんです。だって、その気になればどんな男も私に夢中になります。私、片思いってしたことがないんですよ。ストーカーみたいな人もいたことはあったんですが、“金を持ってからきやがれ”と怒鳴ると、たいていみんな逃げていきます。一度、自宅まで追いかけてこられたことがあり、“50万円出したらキスしてやるよ”と言ったら、ストーカーは泣いていました」

自分とは別に彼女がいる、そう思ったきっかけは、本当に小さなことだった

カフェ店員として働いているので、お客さんからつきまとわれるなどが日常茶飯事の佐和子さんは、めったにお客さんを好きになることはありません。しかし今回調査をする彼氏は、元・お客さん。都心のオフィス街にある佐和子さんが勤務するお店に、かなりの頻度でやってきて、佐和子さんを口説き落としたそうです。

「地方出身なので、都心の名門のボンボンみたいにお金は持っていないでしょうけれど、見た目もかっこいいし、この1年間の交際で、私にお金をたくさん使ってくれました。もし、私がカフェを出すことになったら出資してくれるという話も出てきて、この男を逃したくないんですよ。最近は、自分の友だちにも“俺のカノジョ”と紹介してくれるようになったのですが、その友達がちょっと遊び人風なんですよね。彼は大卒で、外資系の証券会社勤務で年収2000万円と聞いていて、たぶんそれはホントだと思うんですけど……」

「彼が家にあまり呼んでくれないんです。彼の家は都心のタワマンで、かなりおしゃれ。外国製の家具がズラリとあり、眺めも最高。でも、1年の交際で、彼の家に行ったことはたった5回で、それも平日のみ。週末は家にいたくないらしく横浜や都内でデートをして、高級なシティーホテルに泊まっています。ピンと来たのは、デートの最中にもよく電話がかかってきて、仕事の電話だと出るのに、着信の番号を見てそのまま出ないことがあり、それは女の子なんだろうと思うんです。私は年収が高くて、いい会社に勤めている彼と結婚がしたいんです。もし、彼が浮気しているなら、次の男性を探さねばなりません。もやもやしているのは嫌なので、調査をお願いします」

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

まるでゲームのように金持ち男性を渡り歩いてきた佐和子さん。安定高収入の男性を付き合うためには、遊ばれる女になってはダメという哲学があり、有名な芸能人の誘いも断ったとか……。

彼は浮気をしていたのか?佐和子さんのお金への執着が爆発!彼と銀行に行き、引っ張り出した金額とは……〜その2〜に続きます。