フランス北部ワティニーで、通りをパトロールする国内治安総局の隊員(2017年7月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランスとベルギーの警察当局は5日、バイク集団「カミカゼ・ライダーズ(Kamikaze Riders)」の関係先にテロ容疑で強制捜査に入り、合わせて5人を逮捕した。ベルギーの検察当局はこのうち2人を、「テロリスト集団」に所属し大量の武器を用いた攻撃を計画していた罪で訴追した。他にも関与していた者がいる恐れがあるとして、捜査を続けているという。

 ベルギー連邦検察の声明によると、首都ブリュッセル(Brussels)郊外アンデルレヒト(Anderlecht)で4日夜から5日朝にかけて行われた強制捜査では、4人が逮捕され、車庫に隠した武器類も押収された。このうち、アキム・サウティ(Akim Saouti)容疑者とハリド・サウティ(Khalid Saouti)容疑者の兄弟を訴追したという。

 また、フランス北部リール(Lille)でも、カミカゼ・ライダーズとつながりがあるとみられる男1人の身柄が拘束された。

 捜査関係筋によると、訴追されたサウティ兄弟の弟は、カミカゼ・ライダーズのメンバーで、ソーシャルメディア上でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」への支持を表明し過激派組織に人々を勧誘したとして、2016年に禁錮6年の有罪判決を受けたサイード・サウティ(Said Saouti)受刑者だという。

 カミカゼ・ライダーズは2003年にブリュッセル郊外で創設されたバイク集団。当初は道路交通法を無視して首都郊外の高速道路でバイクを乗り回す集団として知られていただけだったが、2015年末、サイード受刑者らメンバー2人が大規模な攻撃計画を立てているとして逮捕され、ベルギー全土に衝撃を与えた。

 サイード受刑者らはその年の11月13日に仏パリ(Paris)で130人が死亡した同時襲撃事件と同じような襲撃を企てたとされ、これを受けて翌2016年のブリュッセルの新年の花火が中止される事態となった。ただ、この時は武器や爆発物は発見されず、サイ―ド受刑者らはIS系のテロ組織に所属していた罪などで起訴され、有罪判決を受けた。
【翻訳編集】AFPBB News