Photo by cinemacafe.net

写真拡大

オスカー女優のジュリアン・ムーア(56)が2017年秋冬「FLORALE by Triumph(フロラーレ バイ トリンプ)」グローバルキャンペーンのイメージキャラクターに就任した。ジュリアンはいままでにも「ロレアル・パリ」や、イタリアのタイヤメーカー「ピレリ」のカレンダーなどでモデルを務めた経験がある。
近年は「MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)」がスーザン・サランドン(70)、コートニー・ラブ(52)、「SAINT LAURENT(サンローラン)」がジョニ・ミッチェル(73)、「CELINE(セリーヌ)」が小説家のジョーン・ディディオン(82)、「NARS」がティルダ・スウィントン(56)、シャーロット・ランプリング(71)と、有名ファッションブランドや化粧品ブランドが若いスーパーモデルや女優だけでなく、50代以上の女性をブランドの顔として積極的に起用している。

ジュリアンは『「フロラーレ バイ トリンプ」は私が自分のスタイルに求めていることすべてを体現しています。エレガントで現代的、自分を美しいと感じさせてくれるのです』と同ブランドのプレスリリースで語っている。

今回の撮影を担当した写真家のランキンは、ジュリアンとの仕事は「夢のよう」と喜び、「彼女はおもしろく、タフで自然体。とにかくカリスマ性がすごい。新しい風を吹き起こす存在だ」と大絶賛。「ジュリアンは被写体として独特の強さを放っている。僕はそこに魅力を感じるし、とてもレアな資質だと思うよ。彼女と仕事ができて本当に光栄だ」。



(Hiromi Kaku)

■関連記事:
【3時のおやつ】「アフタヌーンティー・ティールーム」が「カルピス」とコラボ! フローズンドリンク登場
七夕の日に涼を感じるあま〜いひとときを「GINZA SIX」の夏のひんやりスイーツ
高橋一生×武井咲、時を超えた“深い愛”…5年ぶり共演「資生堂」ショートドラマ
ジュリアン・ムーア、下着ブランド「トリンプ」の広告モデルに
縁結びパワー炸裂、台湾カルチャーを満喫する3日間!「日本台湾祭り2017」上野で開催