画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ロジテックは6日、USB Type-Cを搭載するUHD BD対応ポータブルブルーレイドライブ「LBD-PVA6UCVBK」を発表した。7月上旬に発売する。価格は18,250円(税別)。

USB 3.1 Gen1に対応するポータブルブルーレイドライブ。USB Type-Cポートを搭載し、USB Type-CケーブルとUSB Type-Aケーブルの2種類のケーブルが付属する。トップカバーはラメ塗料を使用したメタリック調のマット塗装を施し、高級感と肌触りの良さを提供。

本体は9.5mmの超薄型ドライブで、重量は約230g。3,840×2,160ドット(4K)解像度のUltra HD Blu-ray再生に対応したドライブを採用しており、対応PC / 再生ソフト / ディスプレイを用意することで、4Kブルーレイの再生が行える。長期記録保存メディア「M-Disc」への書込みにも対応。

ソフトウェア類は無料でダウンロード提供する。提供ソフトは、動画再生ソフト「WinDVD for Logitec(Corel)」、動画編集/オーサリングソフト「MyDVD(Roxio)」、データ書込みソフト「Secure Burn(Roxio)」。Corel製ソフトが30日間試せる試用版も添付。なお、UHD BD再生ソフトは付属しない。

主なメディアの最大書き込み速度は、4層と3層のBD-R XLが4倍速、2層と1層のBD-Rおよび1層のBD-R Ltが6倍速、3層のBD-RE XLおよび2層と1層のBD-REが2倍速、1層のDVD-R / +R / +RWが8倍速、2層のDVD-R / +R、1層の-RWが6倍速、DVD-RAMが5倍速。

インタフェースUSB 3.0。電源はUSBバスパワー。本体サイズはW133×D146×H14mm、重量は約230g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.5以降。