米FUSE TV、防弾少年団がリメイクした「Come back home」に注目…“K-POPの中心的アーティスト”

写真拡大

アメリカがもう一度防弾少年団に魅了された。

アメリカの音楽専門メディアFUSE TVは5日(現地時間)、「防弾少年団がK-POPの名曲『Come Back Home』をモダンに再アレンジする」という見出しの記事を掲載し、防弾少年団とソ・テソテジワアイドゥルについて詳しく報道した。

FUSE TVは「防弾少年団がK-POPの未来を切り開く中心的アーティストであることは否定できない。そんな彼らがK-POPシーンを開拓した歌手に敬意を表する新曲を発表した」と「Come Back Home」のリメイクについて説明した。

続けて「防弾少年団は原曲のビバップ/ヒップホップの雰囲気は維持し、サウンドやボーカルスタイル、歌詞などをモダンに再アレンジした」とし、「歌詞は社会が強要する理想を拒否する内容を描き、防弾少年団が長い間続けてきた社会意識を込めたメッセージと自然につながった」と伝えた。

また、FUSE TVは「防弾少年団の『Come Back Home』はリメイクであるにもかかわらず、米iTunesトップソングチャートにランクインした。今年下半期に新曲を発売すれば、どんな実績を上げるか期待される」と付け加えた。

ビルボードも5日(現地時間) 「『Come Back Home』は防弾少年団がビルボードミュージックアワード受賞以来発売した初の楽曲」と紹介し、「ソテジワアイドゥルの『僕は知っている』がK-POPに火をつけて25年が過ぎた今、ソ・テジがホットなK-POPグループ防弾少年団にリメイクを提案した」と説明した。

防弾少年団は4日「Come Back Home」を発売し、世界のiTunesトップソングチャート22位、米iTunesトップソングチャート51位、リトアニア、ニカラグア、ベトナム、エルサルバドルなどでトップソングチャート1位を獲得した。