一晩で「3000万円」を売り上げた愛沢えみり

写真拡大 (全2枚)

 近年は「キャバクラ嬢」が、女子高生の「なりたい職業」の上位にランクインするようになった。綺麗に着飾り、男性からちやほやされるだけで高額報酬が得られるからだという。ただ、そうした女性は業界全体のほんの一握りに過ぎない。彼女たちは熾烈な「オンナの世界」をどのようにして勝ち抜いたのか。伝説のキャバ嬢の豪快ストーリーを聞こう。

●一晩で「3000万円」売り上げた歌舞伎町の伝説
愛沢えみり(28)『FOURTYFIVE』(歌舞伎町)

 最初に勤めた地元・横浜のキャバクラや移籍した六本木の店では、席に着けない「回転寿司キャバクラ嬢」と呼ばれていたえみり嬢。しかし、その後歌舞伎町で才能を開花させ、いまではアパレルブランド「エミリアウィズ」を立ち上げ大成功を収めるまでに。

「全盛期は1日4人のお客様と同伴したことも。24歳のバースデーイベントで3000万円売り上げて完全燃焼。翌年から昼職メインに切り替え、今はお店での時間は最高の癒しになっています」

●絶頂時に歌舞伎町を去った元キャバ嬢モデル
れお(28)『azian club』(歌舞伎町)

 ガールズバーで水商売をスタートさせ、歌舞伎町最大級フロア、所属キャバ嬢100人以上の店で不動のNo.1を誇り、去年11月に人気絶頂で引退した、れお嬢。

「現役時代は毎日同伴、ドレスも毎日替えて靴も磨き、お客様に“特別な女”を意識してもらえるように心がけてました。もっと続けて売り上げを伸ばすこともできたけど絶頂で辞めるのがカッコ良いかなって。今はブランド“AngelR”の専属モデルのみだけど、近々、自分のセレクトショップを発表します」

※週刊ポスト2017年7月14日号