7月5日(水)に放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(毎週水曜日23時〜25時)に、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二、元AKB48の内田眞由美がゲスト出演した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、相田は「フジモンと美味しい肉が食べたい」というリクエストを提案。

 このリクエストを叶えるために登場したのが、内田がプロデュースする焼肉店「焼肉IWA」のオススメの肉。内田はAKB48に所属している時代から同店を経営しているそうで、今年で開店から4年目になるという。もともと両親が実家で焼肉店、祖父は精肉店を経営しているということを明かし「肉家系なんで、私もやろうと思って」と焼肉店経営をスタートした理由を説明した。

 また、自身もお店に出ていることが多く「AKB48のメンバーもけっこう来てくれたりして。あとは元AKB48メンバーを雇ったりしています。相笠萌ちゃんとか西野未姫ちゃんとか野中美郷ちゃんとか。その人たちのファンが来てくれて。そういう商法です」と、AKB48時代に培った人間関係が店の売り上げに貢献していることを明かした。内田は最後に「可愛い子いっぱいいるので、ぜひ来てください」と店の宣伝をして番組を後にした。

 内田の経営する「焼肉IWA」は2016年に新大久保にオープン。IWAという名前は、AKB48時代に内田がコントで扮した岩のキャラクターからきているそうだ。

(c)AbemaTV