7月5日(水)に放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(毎週水曜日23時〜25時)に、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がゲスト出演した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、相田は「フジモンと美味しい肉が食べたい」というリクエストを提案。

一つ目のリクエストは「キャバクラに行きたい」。小宮は「時々は行きますけど、冷たい態度を取られる。僕が喋ったら『聞こえない聞こえない』とかイジられたり、アドレス聞いてもYahoo!のアドレスを渡される。なんで金を払って冷たくされなきゃいけないんだ!」と、プラベートで通うキャバクラ店での冷遇っぷりを嘆いた。

 小宮の願いを叶えるために登場したのは、大宮にあるぽっちゃり専門キャバクラ「ら・ふぁーふぁ」のななみんさん、ゆこさん、くぅ。さんの3人。

 ぽっちゃりキャバクラの接客内容は通常のキャバクラとは異なり「食べるか、飲むか」。3人は「うちらはモリモリ食べる。お客さんも食べてもいいし、デブ活をする場。5万円のめちゃくちゃでかいパフェとかからあげタワーとかある」と個性的な接客内容を説明した。

 また、ぽっちゃりキャバクラならではのゲームもあるという。それは「ら・ふぁーふぁゲーム」というマクドナルドのメニューを言っていく山手線ゲーム。負けた人は「カレー一気飲み」や「テキーラ一気飲み」などの罰ゲームがあるそうだ。

 予想外のキャバ嬢の登場に、小宮は終始、動揺しっぱなし。「思ってたのと違う」「このビジュアルでこのトーク力でなんで需要があるの」と失礼な発言を繰り返し、ぽっちゃりキャバ嬢からも冷たくされていた。

(c)AbemaTV