セルフで簡単「#たらしこみネイル 」。水彩画のようなひまわりでガーリーな指先を演出♡

写真拡大

最近SNSなどでじわじわ人気の「たらしこみネイル」。「たらしこみ」とは、絵の具などが乾かないうちに、にじませる絵画技法のひとつです。それをネイルに応用させて、水彩画のように優しい雰囲気を出すというもの。なんだか難しそう? いえいえ、コツさえ覚えればやり方は意外と簡単。100均や文房具店で手軽に買えるアクリル絵の具を使ってアートするその方法をご紹介します!

<用意するもの>

ネイルポリッシュ(今回は、白、茶色、マットトップコートを使用)
アクリル絵の具(イエロー)
ベースコート
トップコート
ペットボトルのキャップなど、小さくて捨てても良い容器
細筆
ティッシュペーパー
つまようじ
ストーン

STEP1. ベースカラーを塗る

ベースカラーを塗る

ベースコートを塗って乾いた爪に、白のポリッシュを2度塗りし、しっかり乾かします。

たらしこみアートは水彩画のような淡い仕上がりのため、ベースはハッキリとした白でコントラストをつけると映えますよ。

ベースカラーを塗る

さらに、上からマットトップコートを重ねます。

この後に使う、アクリル絵の具はポリッシュのみで仕上げると弾かれやすいので、マットトップコートを重ねておきましょう。

STEP2. 細筆でひまわりの花を描く

たらしこみアートでひまわりの花を描く

ペットボトルのキャップに水を3滴垂らします。アクリル絵の具のイエローを細筆に1滴ほど取り、水で溶きます。水っぽ過ぎると描いている時に垂れてきてしまうので、少し粘度があるくらいの濃さにすると◎。

たらしこみアートでひまわりの花を描く

細筆に水で溶いたアクリル絵の具を少量取り、花びらの先をとがらせるようイメージして筆を置き、細長い花びらを1枚ずつ、計4枚描きます。

STEP3. ひまわりにたらしこみアートを施す

たらしこみアートでひまわりの花を描く

ティッシュペーパーの上で細筆を擦り、筆の水分を取ったら、花びらの真ん中に細筆をそっと乗せ、アクリル絵の具の不要な水分を細筆に吸わせます。

たらしこみアートは、「ティッシュペーパーで筆の水分を取り除き→絵の具の水分を筆に吸わせる」を繰り返していくだけです。輪郭だけ残すように吸わせましょう。アクリル絵の具が乾かないうちに吸わせていくことがポイントですよ!

たらしこみアートでひまわりの花を描く

残りの3枚も同様にたらしこみアートを施します。

たらしこみアートでひまわりの花を描く

さらに、花びらと花びらの間に一気に花びらを4枚描き、同様の手順でたらしこみアートを施します。

STEP4. ひまわりの中央を描く

ひまわりの中央を描く

つまようじに茶色のポリッシュをつけ、花びらの中心から外側に向かってつまようじを軽くはらうようにしてひまわりの中央を描き、しっかり乾かします。

STEP4. 仕上げ

仕上げ

まずはトップコートを薄く塗ります。トップコートを少量塗ったつまようじの先でストーンを3粒乗せ、最後にトップコートを1度塗りして完成です。

アクリル絵の具は乾くと水に強いのでネイルアートにぴったり♡ たらしこみアートの基本をマスターして自分好みのネイルに応用していきましょう!

【関連記事】
・ 絵の具で簡単♪セルフ花柄水彩ネイルで春を先取り♡
・ 【セルフネイル】浴衣にもぴったり!夏のヨーヨーネイルが可愛い♡

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。