画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーランド開園当初から親しまれてきたアトラクション「スタージェット」が、10月10日で約34年間のフライトを終了する。"試験飛行"の最終段階となる中、感謝を込めて8月1日〜10月10日の期間、パーク内でのオリジナルシールの配布や、チャーター機を利用した成田空港発着の遊覧飛行をプレゼントする「スタージェット"ザ・ラストミッション"」キャンペーンを開催する。

このアトラクションのストーリーは、開発中の最新型ジェットの"試験飛行"に、ゲストのが志願をして実際の操縦を行うというもの。その"試験飛行"は約34年間続き、"ボランティアパイロット"の人数は延べ約5,000万人(2017年6月30日時点)にのぼった。

8月1日〜10月10日に実施するキャンペーンとして、「スタージェット」の周辺では、アトラクション利用に関わらず、「スタージェット」をイメージしたオリジナルシールを配布する。また、デジタル・フォトエキスプレスやディズニースナップフォトで利用できる、スペシャルデザインのフォトフレームも登場する。

グッズ販売として、「ワッペンバッジ」(税込700円)や「ピンバッジ」(税込1,000円)、「トミカ」(税込1,000円)など、試験飛行期間の年号がデザインされている約5種類のスペシャルグッズを展開する。また、9月1日〜10月10日の期間、「スタージェット」のラストフライトと同時に閉店するレストラン「スペースプレース・フードポート」では、通常販売しているメニューの「スペースサンデー」に"THE LAST MISSION"と印字されたチョコプレートがトッピングされたスペシャルメニューを販売する。

なお、ディズニーアンバサダーホテル内「ハイピリオン・ラウンジ」でも、スタージェットをイメージしたスペシャルデザートを提供する。

そのほか、JALチャーター機で日本上空を成田発着で遊覧飛行できる「STARJETS 2017便」搭乗招待キャンペーンも実施。東京ディズニーランドに来園し、応募した人の中から抽選で50組100人を招待する。応募方法等の詳細は、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトを参照。

(c)Disney