Photo by cinemacafe.net

写真拡大

美味しいフードやドリンクはもちろん、映画イベントやライブ演奏なども楽しめるプレミアムなビアガーデン情報を随時ご紹介! 友人や恋人と夏の思い出作りに行ってみてはいかが?

■「京橋エドグラン ビアテラス by Blue Moon」七夕から期間限定オープン




全米No.1クラフトビール、Blue Moon(ブルームーン)が京橋エドグランとコラボレーションしたビアテラスが期間限定でオープン! Blue Moonはクリーミーな後味が特徴で、仕上げにオレンジ・ガーニッシュを添えるのが定番の女性にも人気があるクラフトビールだ。このほど開催されるイベントでは“五感”で味わうをテーマに、フードペアリングをはじめ、シネマ上映やバンドによるギグなど、アートとクラフトの街ならではの“京橋アート”を楽しむことが出来る。

「Blue Moon Kitchen Car」ジナルサルシッチャドッグ/「京橋エドグラン ビアテラス by Blue Moon」
“味覚“では「Blue Moon Kitchen Car」が登場し、フレッシュモッツァレラチーズやオリジナルサルシッチャドッグなど、シトラスな風味とコクのある飲みごたえがあるBlue Moonとのマッチングにこだわった無添加素材のデリカテッセンが提供される。

“視覚”では、イベント開始から4週に渡って映画を無料上映。「Art・Craft・Summer・Caravan」をテーマに、世界中の音楽ファンに愛されたエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー『AMY エイミー』、リヴァ―・フェニックスら演じる4人の少年たちの名作青春ドラマ『スタンド・バイ・ミー』、「世界ベストレストラン50」で3年連続1位に輝いた名店のドキュメンタリー『ノーマ、世界を変える料理』、一流レストランのシェフがフードトラックで究極のキューバ・サンドを求める『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』など、新旧の名作が揃うラインナップになった。

“触覚”では京橋エドグランの店舗をはじめとした出店者による、大人から子どもまで体験できるワーアショップが展開される。浴衣・甚平の着付けから、壁掛けスワッグ、オリリジナルうちわ、酵素シロップ作りなど素敵な体験が出来る。ほかにも京橋エリアの名店が期間限定で出店する特別なマルシェも開催予定。


さらに、京橋エドグランを彩る色とりどりの飲食店とコラボレーションも開催。世界的パティシエ・鎧塚俊彦氏がプロデュースの極上のフードペアリング「ア・ラ・ティエンヌ」をはじめとする今回だけの限定メニューにはBlue Moonとのセットがお得になるものもあり、京橋エドグラン内の飲食店をハシゴして楽しむのも良いかも。

“聴覚”ではワールドミュージックをベースにオリジナルなサウンドを持つさまざまなアーティストによる「LIVE CROSSING」が披露され、Blue Moonのオレンジアロマが刺激する“嗅覚”とともに音楽にも癒されてみては?

「京橋エドグラン ビアテラス by Blue Moon」は京橋エドグランにて7月7日(金)〜9月2日(土)の期間、11時〜23時(ビアテラス営業時間)に開催。

※各イベントの日時はオフィシャルサイトをチェック



<情報更新日:2017.07.06>



■新宿ルミネの屋上でモダンな「和」のビアガーデン



「Roof Top Beer Garden 東京小空」
ルミネ新宿の毎年好評のオシャレなビアガーデン「Roof Top Beer Garden 東京小空」が今年も登場! 2017年は、「トーキョーモダン」をテーマにメニューも空間も、装い新たにオープン。様々なシーンの“集い”にピッタリな、オシャレでモダンなビアガーデンだ。

2017年のコンセプトは<トーキョーモダン>。様々な国籍の人々や世代がクロスオーバーする新宿の街で楽しめる、食べ放題&飲み放題のルーフトップビアガーデン。和そうざいをアレンジした“トーキョーおばんざい”や鎌倉野菜などの産地にこだわったお野菜、ちらし寿司や焼きおにぎりなどを東京小空らしくモダンに表現。ドリンクも和リキュール、和サングリアや寒天サワーなど50種類ものドリンクが楽しめる。料金はお1人様税込4,500円(スタンダードプラン)。さらに、しっかりと食べたい方向けに「サーロインステーキプラン」もあり、こちらはお1人様税込5,500円。

さらに「Spotify(スポティファイ)」とのコラボレーションにより、ライブイベント「都会の空と音楽と〜空音SORAOTO〜 supported by Spotify」が開催される。シティポップ・レゲエシンガーの「ナツ・サマー」や湘南生まれ、日仏ハーフの女性シンガーソングライターMakia Loubute(マイカ・ルブテ)など、Spotifyオススメのアーティストたちのほか、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍し、大瀧詠一の「ALONG VACATION」や「NIAGARA SONG BOOK」のレコードジャケットを手掛けた永井博がDJとして参加。料金はお1人様税込1,000 円(1 ドリンク/1フード)。スタイリッシュで爽やかなチューンで、暑い夏の夜をチルアウトしてみては?

「Roof Top Beer Garden 東京小空」はルミネ新宿 ルミネ1 9F屋上にて10月9日(月・祝)までの期間、平日17時〜/土日祝16時〜23時実施。
「都会の空と音楽と〜空音SORAOTO〜 supported by Spotify」はルミネ新宿 ルミネ1 9F屋上「東京小空」にて
※ライブのスケジュール等はオフィシャルサイトをチェック

オフィシャルサイト:http://www.lumine.ne.jp/



<情報更新日:2017.07.06>


■日比谷公園で味わう!本場ドイツのビールとソーセージでお祭り気分



「国際観光食文化博2017 〜オクトーバーフェスト〜 in日比谷公園」
千代田区日比谷公園にて、オクトーバーフェストと様々なアミューズメントが楽しめる「国際観光食文化博2017 〜オクトーバーフェスト〜 in日比谷公園」が開催決定。ドイツビールの祭典“オクトーバーフェスト”を楽しみながら、「お祭り要素」も取り入れ、遊具やバスキングミュージックの演奏など、大人から子どもまで楽しめるイベント内容だ。

「国際観光食文化博2017 〜オクトーバーフェスト〜 in日比谷公園」
本場ドイツ・ミュンヘンでのオクトーバーフェストに出店できる6大公式ブリュワリーのうち、2つの公式ブリュワリー「Hofbräu(ホフブロイ)」と「Spaten(シュパーテン)」のビールを提供。王室のために作られたビール「ホフブロイ」、600年の歴史を持ち、ラガービールを発明した「シュパーテン」、大麦のほかに小麦を50%以上使用している贅沢なビール「フランツィスカーナー」のほか、北ドイツの辛口ビール「フレンスブルガー」を提供。また、ドイツ直輸入ソーセージなどビールに合うドイツ料理も各種取り揃えている。

また本場ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェストは、街中に雑貨店や巨大な遊具などが設置され、エンターテインメント性の高い催し物となっている。そこで本イベントでも、プロミュージシャンによる「ドイツやヨーロッパ音楽を中心とした演奏」や、ハンマーゴングなどの遊具で、ビールやフード以外でも楽しめる環境が提供される。本イベントの入場料は無料、ただし会場内での飲食は有料。

「国際観光食文化博2017 〜オクトーバーフェスト〜 in日比谷公園」は7月21日(金)〜7月30日(日)の期間、日比谷公園 噴水広場にて開催。開催時間は平日16時〜21時、土日11時〜21時予定(最終日20時まで)。


<情報更新日:2017.07.07>



■新宿サザンテラスに期間限定のビアガーデンがオープン!



「BEER TERRACE」/「SUMMER TERRACE 2017」
新宿駅南口に位置する飲食店を中心としたエリア「新宿サザンテラス」にて、真夏のイベント「SUMMER TERRACE 2017」が開催。期間中ビアガーデンがオープンし、ミニライブや音楽を聴きながらお酒を楽しめる空間が誕生した。また、同所にてミニシアターによるショートフィルムの上映や屋外ライブも併せて実施される。

NY初のハンバーガーレストラン「SHAKE SHACK(シェイク シャック)」や話題のベーカリー&カフェ「BOUL'ANGE(ブール アンジュ)」の店舗が立て続けにオープンし、ますます注目が集まる新宿サザンテラス。イベント期間中は「プティ デリリウム タップ カフェ」で実施されるビアガーデン「BEER TERRACE」を中心に、「スターバックス」など、キッチンカーによる屋外店舗が出店されるほか、限定メニューや軽食、アルコール類なども販売される。「BEER TERRACE」は7月15日(土)〜8月31日(木)の期間、平日17時〜22時、土休日12時〜22時開催。

『僕はうまく話せない(原題:Stutterer)』
また、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」お薦めショートフィルムを無料上映する「SUMMER EVENT(Screen@Shinjuku Southern Terrace & Station)」も決定。『僕はうまく話せない(原題:Stutterer)』のほか、『5分間のラブストーリー』『フレンド・リクエスト』『ハッピーマーケット』など総11作品を上映する。こちらは7月28日(金)〜29日(土)より、小田急百貨店新宿店本館1F階段前(西口)にて12時〜22時、新宿サザンテラス広場にて18時〜22時に開催。※荒天時は中止

「Ayasa」&島谷ひとみ/「LIVE TERRACE」
ほかにも、8月4日(金)と8月5日(土)の2日間限定で、観覧無料の屋外ライブ「LIVE TERRACE」が実施される。出演アーティストには、2015年・2016年と連続で出演してきた「Ayasa」(4日)と島谷ひとみ(5日)がラインナップ。さらに、上記日程以外にも連日ミニライブを開催する予定(出演者・開催時間は未定)。

真夏の暑さや日ごろの疲れを吹き飛ばす、美味しい料理やお飲物、音楽のある憩いの空間を新宿で体感してみて。

「SUMMER TERRACE 2017」は7月15日(土)〜8月31日(木)新宿サザンテラス広場にて開催。
※各イベントの詳細や予約についてはホームページを確認



<情報更新日:2017.07.07>


■代々木VILLAGEにメキシカンなビアテラスが登場



代々木VILLAGEビアテラス2017「MEXICAN SUMMER」
「代々木VILLAGE by kurkku」の大人気企画のビアテラス「代々木VILLAGE ビアテラス2017 MEXICAN SUMMER」が今年も開催中! 6度目となる今年は“MEXICAN SUMMER”と題して、プラントハンターの西畠清順氏が植栽をプロデュース。毎年大人気の夏限定の砂浜に、今年はメキシコをイメージしたユッカや多肉植物など数多くの南国の植物を配置するほか、メキシコのお祭りには欠かせないカラフルなガーランド「パペルピカド」を施設中に張り巡らし、代々木VILLAGEがカラフルで愉快なメキシコの街に大変身! 

代々木VILLAGEビアテラス2017「MEXICAN SUMMER」
「代々木VILLAGE by kurkku」とは、音楽プロデューサーの小林武史を中心とした株式会社KURKKU(クルック)がコンセプトプロデュースを担当し、デザイン、内装、レストランなど、日本を代表するクリエイター陣が手がける“こだわり”を追求しつくした渋谷区代々木にある新商業施設だ。

代々木VILLAGEビアテラス2017「MEXICAN SUMMER」
メインとなる「VILLAGE ZONE」では、メキシコビールの代表格「コロナ(COLONA)」や、「代々木VILLAGE」内のバー「MUSIC BAR」のバーテンダーがつくるテキーラを用いたスペシャルカクテルや石窯オーブンで焼いたメキシコ風ピッツァなどのメキシカンメニューがラインナップ。また、今年は「VILLAGE ZONE」限定でランチタイムもビアテラスを開催!(予約時間に指定あり) セビーチェや特製トルティーヤなどのメキシカンな前菜盛り合わせにピッツァ(2人で1枚)が付いたフードメニューに、フリードリンクプラン(2時間制/1.5時間L.O)がセットで、料金がひとり5,000円(税込)。こちらのビアテラスは2人〜6人で利用可能。ランチタイムからビールやフードを思う存分堪能してみては?

また「CONTAINER ZONE」では、キャッシュオン対応で「代々木VILLAGE」各店のメニューを自由にオーダーすることが可能。「SUPER Me」では、「わさび風味の塩茹で枝豆」(500円+税)や「シーフード塩焼きそば 〜パクチーのせ〜」(1,200円+税)など、夏らしいさっぱりしたフードに“ひねり”が効いたメニューがラインナップ。ほかにも「代々木カリー」の「タコとトマトの和風マリネ」(650円+税)や「オリジナルモヒート」(1,000円+税)など爽やかなアペタイザーやドリンクが提供される。夏の屋台を散策するように様々なお店のこだわりの食事を気軽にいただけそうだ。

代々木VILLAGEビアテラス2017「MEXICAN SUMMER」
さらに、伝統音楽からフラメンコ、ラテンジャズ、ロックなど幅広い演奏と、持ち前のパフォーマンスで人気を博しているダビッ ソラネスによる、メキシコの代表する音楽「マリアッチ」のライブもイベント中に併せて実施される(ノーチャージ)。週に1度、夜の19時〜/20時30分〜に演奏されるそうなので「ライブを観たい!」という方は、スケジュールをHPでチェックしてみて。

「コロナビール」やメキシカンフードを楽しみながら本場の明るく楽しいラテンミュージックを聴けば、メキシコにトリップした気分で夏を満喫できるはず。是非足を運んでみて。

代々木VILLAGEビアテラス2017「MEXICAN SUMMER」は9月30日(土)までの期間、11時30分〜15時30分(「VILLAGE ZONE」のみ)、18時〜22時(「CONTAINER ZONE」は〜24時)開催。(定休日9月11日)
※テーブルチャージや予約については公式HPをチェック。



<情報更新日:2017.07.13>


■「メゾンカイザー」自慢のパンとビールが食べ飲み放題!



「MAISON KAYSER presents Summer Beer Garden」
フランスの伝統的な製法を守るベーカリー「MAISON KAYSER(以下:メゾンカイザー)」が開店以来初となるビアガーデン「MAISON KAYSER presents Summer Beer Garden」を期間限定でオープン!

メゾンカイザー初のビアガーデンでは、ビールはすっきりと口当たりの良い「キリンハートランド」生ビールやワインのほか、4種のクラフトビールが飲み放題となっており、さらにメゾンカイザーがセレクトした天然酵母パンが食べ放題など、ベーカリーならではのこだわりがつまったコースが用意された。

「MAISON KAYSER presents Summer Beer Garden」
コースのメインディッシュは、見た目もインパクトがある、背中側の骨付きロース肉を使ったバックリブプレート。シェフ特製のビールにぴったりな甘酸っぱい濃厚ソースを塗り足ししながら、 じっくり焼き上げたバックリブはスペアリブに比べて小ぶりながらもしっかり味わいがあり、柔らかさと骨付き肉の旨さが一体となって楽しめる。

そしてなんといっても注目なのは、多くの星付きレストランやホテルのシェフから支持を受けるメゾンカイザーのお食事パンが食べ放題なこと。特製の小麦粉でつくるバゲットモンジュや、オレガノとオリーブオイルに漬け込んだイタリアンドライトマトを練り込んだパン“トッサードトマト”など、常時8種以上のお酒に合うパンがセレクトされている。さらに食後のデザートにはアイスクリームがセットになっており、最後まで女子心をくすぐる内容が詰められている。さらに幹事様先行予約特典として、前日までに6名以上で予約した場合、1名分無料となるので6名以上で予約する際はこちらもチェックしてみて。

ビアガーデンはテラス席限定の90分制で、料金が1人4,500円(税抜)。開放的なテラス席でこだわりのビアガーデンをぜひご堪能あれ!

「MAISON KAYSER presents Summer Beer Garden」は9月8日(金)までの期間、「メゾンカイザーサンシャイン池袋店」と「メゾンカイザー 幕張店」で開催。

※営業時間は各店舗の公式サイトをチェック。

■「メゾンカイザーサンシャイン池袋店」マップ


<情報更新日:2017.08.04>


■400種類以上のクラフトビールが楽しめる祭典、さいたまアリーナにて開催!



さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナにて8月30日(水)〜9月3日(日)5日間、今回で18回目となる「2017 けやきひろば 秋のビール祭り」が開催される。

日本最大級のクラフトビールを楽しむ祭典として知られる本イベントでは、北海道から沖縄まで日本全国のブルワリーに加え、海外のビールを含む102店舗400種類以上がラインナップ。たくさんの種類を楽しみたい人におすすめの飲み比べセットや、クラフトビール好きにはたまらない限定醸造ビールも多数取り揃えられる。

期間中は混雑が予想されるが、平日の夜間と休日は全日で席の予約が可能(有料)となり、席の確保を気にせずに楽しむことが出来る。

会場内で販売する「ビール祭り公式ガイドブック」は、ビールについてのベーシックな情報から、注目のビアスタイル、飲みたいビールが決められるビアチャートまで、ビール好きをうならせる充実のコンテンツが盛りだくさん! 各出店店舗の詳細情報はもちろん、ビール祭り会場や各タップルームで使えるお得なクーポンも満載の内容となっている。

■「2017 けやきひろば 秋のビール祭り」概要
日時: 8月30日(水)16:00〜21:30/31日(木)〜9月2日(土)11:00〜21:30/9月3日(日)11:00〜19:00
場所:さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ(埼玉・さいたま新都心)
入場料:無料
出店数:92ブース(102店舗)予定
座席数:予約席約1,100席/スタンディング760卓/ピクニックエリア
※予約席はYahoo!JAPANデジタルチケット「PassMarket」にて販売中。





<情報更新日:2017.08.18>



(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
「衝撃的なうまさ!」とネットで話題の「抹茶ビアガーデン」が今年も開催!
夏の夜に“芝生で映画鑑賞”「恵比寿ガーデンピクニック」今年も開催
“新宿中央公園”で夜景を背景に野外シアターイベント! 『フラガール』や『ミニオンズ』
予約殺到!「ホテル雅叙園東京」の浴衣プランが今年も登場
恋の願いを短冊に…「川越氷川神社 縁むすび風鈴」で幻想的な夏のひとときを